0コメント

【Netflix鑑賞】スタートレック/死のパラダイス

スタートレック/死のパラダイス
 制作年  1967年
 監督   マーク・ダニエルズ
 出演   ウィリアム・シャトナー、レナード・ニモイ、デフォレスト・ケリー、
      ジョージ・タケイ、ニシェル・ニコルズ、キース・アンデス、
      セレステ・ヤーネル、シャリ・ニムスほか
 劇場公開 劇場未公開
 鑑賞年月 Netflix鑑賞 2020年11月


 宇宙のパラダイスと呼ばれる惑星ガンマー6号の調査に向かうエンタープライズ。
惑星ガンマー6号には住民がいるというのだが…
原題が「The Apple」なので創世記のアダムとイヴっぽい話かと思ったら、そうでもないけれど、そうでもあるような微妙なエピソード。

上陸班が美しい森の中を歩いていると…
何者かがあとをつけている。
さらに美しいはずの花から毒の花粉が飛び散り隊員が死亡、あるいは稲妻によっても隊員が死亡したりと、風光明媚(米国じゃ、こうは言わんか)のはずの惑星ガンマー6号は死の星なのだろうか?

住民のリーダーと接触したカーク船長ら上陸班。
話を聞くと彼らはバールと呼ばれる神に支配されていた。
いや、バールを神と崇めバールから与えられた環境を享受して暮らしていた。
彼らはバールを崇めることで不老不死のようだ。
死なないから子供がいない、愛もない…

カーク船長が彼らに諭す。
「それは人間の生活じゃない。人間といのは周囲の環境に働きかけ、変化させていかねばならない。そうやって新しい価値を創造するのが人間なのだ!」
うほほ、そうやって土着心を信仰する民族を侵略し植民地したのかな、欧米人は。
どうも本シリーズに登場する欧米流の演説には素直に同意できないものがある。
変化することが必ずしも良いこととは限らない世界観があってもよいはず。
それは本作のラストで、図らずもスポックが疑問という形で提言するが…
返しがギャグかよ!(まっ、1960年代だから)

バールの正体は、誰が作ったかは分からないが惑星全体を制御するマシンであった。
これもマシンに支配されるなんて自由がないと言って破壊してしまう。
土着信仰を「野蛮だ」と言って駆逐するカトリックのようだな。
信長、秀吉、家康は見抜いたぞ、カトリックの本質を!

「さあ、もう君たちは自由だ!自分たちで考え行動するんだ」
自由を与えて彼らを解放し、満面の笑みでエンタープライズに戻るカーク船長。
放映時に見ていたら、なるほど人間とはそういうものか、戦後に自由を与えてくれたアメリカ人、ありがとうと思ったかもしれないなぁ。
今は、どうも違和感を感じる筋立て、価値観の押しつけ物語だ。

スタートレック/死のパラダイス.jpg
スーパー!ドラマHPより

"【Netflix鑑賞】スタートレック/死のパラダイス" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: