0コメント

【Netflix鑑賞】スタートレック/危険な過去への旅

スタートレック/危険な過去への旅
 制作年  1967年
 監督   ジョセフ・ペヴニー
 出演   ウィリアム・シャトナー、レナード・ニモイ、デフォレスト・ケリー、
      ジョージ・タケイ、ニシェル・ニコルズ、ジェームズ・ドゥーアン、
      ジョーン・コリンズ、ジョン・ハーモン、バーデル・ラルー、
      デビッド・L・ロス、ハル・ボイラーほか
 劇場公開 劇場未公開
 鑑賞年月 Netflix鑑賞 2020年11月


 「スタートレック/二つの宇宙(1967年)」は並行宇宙を描いていたが、本作はタイムトラベルもので、まぁ、オーソドックスな展開で失敗もなかった。
過去へ戻る展開がやや強引なのが難点かな。
「タイムトンネル」的な感じなのは、いかがなものか。

とある惑星の軌道上のエンタープライズ号。
その惑星で発生した時間の歪みによって引き起こされた激しい衝撃を受けてしまう。
衝撃波でブリッジの操舵コンソールから火花が噴出、スールー大尉は怪我を負う。
応急措置を行うドクター・マッコイ。
だが二度目の衝撃波を受け倒れた際に、治療に使用したコルドラジンを自らの身体に注射してしまう…
コルドラジンは 2、3滴なら人命を救うが、それ以上は危険という治療薬。
ドクター・マッコイは半狂乱状態になりカーク船長に向かって「人殺し!」と叫び、自らを惑星へ転送してしまった。

編集でカットされたのか、ドクター・マッコイが「人殺し!」とカーク船長に叫んだ理由は伏線として未回収になってしまったな。
話を面白くするには、おいしい素材だと思うのだけれど…

すぐさま上陸班を編成、マッコイを追って惑星へ降り立つ。
その捜索中にスポックとカーク船長は、時間の歪みを引き起こしていると思われる物を発見した。
それは門のように見える荒削りの石の輪であった。
いや、タイムトンネルだっちゅうの。

何やら時の管理者みたいな声がして、門には地球の歴史を描写するような映像が映し出されるのだった。
そこへドクター・マッコイが現れ、映像に向かって飛び込むと…そのまま消えた。
カーク船長とスポックもドクター・マッコイを追ってタイムトンネルへ向かう。
なぜならドクター・マッコイが過去を変えてしまったため、エンタープライズが消滅、連絡が取れなくなってしまったのだ。
うーん、だとしたら上陸班の面々も消えちゃうのでは?
まっ、いっか、話が進まない。

ということで米国の1930年代に到着したカーク船長とスポック。
1960年代の人々が、約30年前の自分たちの過去を楽しむ。
バブルへGO!/タイムマシンはドラム式(2007年)」の元ネタみたいな展開(いや、誰でも思いつく話か)。
こういうことを愉快だと思う感覚は同じなんだなぁ。
でも歴史は変えられない。

ドクター・マッコイより少し先に戻ったカーク船長とスポック。
彼らの時代に適応する姿が愉快。
クスッとなるな。
ここでお決まりの事態が発生する。
ホームレスの為に食堂と会館を営業するエディス・キーラーという名の女性が登場、カーク船長と恋仲になってしまうのだ。

ところが彼女は数年後にフランクリン・ルーズベルト大統領と対話できるほどの実業家になり、かつ平和主義者だったので米国は第二次世界大戦に参戦しないという未来を作り出していたことが判明する。
スポック曰く、「おそらくドクター・マッコイが介入して、我々の時間軸では死んでしまうはずの彼女が死なずに未来が変わってしまったのでしょう」と。
さらに「彼女が死に直面した時、あなたは…」

そうね、悲しい選択を迫られるカーク船長。
そもそもが迂闊だった。
女好きは、どうしようもないなぁ。
その苦しみは自業自得だよ、カーク船長!

今では王道のタイムトラベル物語で、十分に楽しい作品に仕上がっている。

スタートレック/危険な過去への旅.jpg

"【Netflix鑑賞】スタートレック/危険な過去への旅" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: