0コメント

【Netflix鑑賞】スタートレック/地底怪獣ホルタ

スタートレック/地底怪獣ホルタ
 制作年  1967年
 監督   ジョセフ・ペヴニー
 出演   ウィリアム・シャトナー、レナード・ニモイ、デフォレスト・ケリー、
      ジョージ・タケイ、ニシェル・ニコルズ、ジェームズ・ドゥーアン、
      ケン・リッチ、バリー・ラッソー、ブラッド・ウェストン、
      ビフ・エリオット、ディック・ダイヤルほか
 劇場公開 劇場未公開
 鑑賞年月 Netflix鑑賞 2020年11月


 惑星ジェナスの地下に生息する奇怪な生物の物語。
惑星ジェナスはウラニウム、セリウム、プラチナなど様々な鉱物資源が採取され、他の数千の惑星に資源を供給してる。
今回、緊急連絡が入ったのはペルジウム生産ステーションから。
新しく発見したペルジウム鉱脈のトンネルで事件が起きたらしい。

奇怪な生物が原子炉の何かを破壊したらしく、地下構内が汚染されるという事態に。
小型ポンプのようなものを盗まれたらしい。
「計画的な犯行ですね」とスポックが奇怪な生物の知能が高いことを指摘する。
でも、この奇怪な生物の姿かたちはヘドラみたいなんだけれど…
1967年じゃ、致し方ないか。

この生命体、ケイ素でできているらしい。
ボイジャーならケイ素体ユニットとでも表現するのかな?
劇場版「スタートレック(1979年)」を思い出してしまった。

スポックが、この生命体に精神を同化し心の内を探ると…
新しく発見したペルジウム鉱脈の掘削によって、この生命体の卵が沢山破壊された。
その復讐をしていたということらしいのだが…

いやいや、このあとの解決が都合よすぎて笑うしかない。
彼らは、この惑星の岩を食べて生きているらしい。
カーク船長が「このホルタは岩の中を自由に動き回り、後に無数のトンネルを残す、まさに宇宙一の鉱夫だ。だから、ここで共存共栄を図るために条約を結べばいい。彼らが掘り、君たちはそれをもらう。そうすれば、生産作業はこれまでの何倍もスピードアップされるはずだ」と提案する。

うーん、都合よすぎる話だな。
しかも上から目線。
ベトナム戦争後の米国の世界経済戦略と似ていないか?
まっ、そんなに難しい話じゃないか。

スポックがカーク船長に、自然保護、姿形を異にした知性との調和など、少し説教臭い話をしていたな。

原題は「The Devil in the Dark」
この邦題からすると、日本で放映された頃は怪獣ブームだったかな。

スタートレック/地底怪獣ホルタ.jpg
スーパー!ドラマHPより

"【Netflix鑑賞】スタートレック/地底怪獣ホルタ" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: