0コメント

【Netflix鑑賞】ルーザーズ

ルーザーズ
 制作年  2010年
 監督   シルヴァン・ホワイト
 出演   ゾーイ・サルダナ、ジェフリー・ディーン・モーガン、
      クリス・エヴァンス、イドリス・エルバ、
      コロンバス・ショートほか
 劇場公開 Netflix配信 2021年2月1日(劇場未公開)
 鑑賞年月 Netflix鑑賞 2021年2月


 ゾーイ・サルダナ狙いの鑑賞。
Netflixの新着メニュー画面で見つけたのだが、最初はやっぱりタイトルなのかな。
ジェフリー・ディーン・モーガンの顔だったかも。
よく見かける俳優さん。
渋みがあって悪くない。
あら?調べたら10歳も年下だった…
とほほ、こんな渋い味わいは無理だなぁ。

他に出演者を見ると、なんとゾーイ・サルダナじゃないか!
なんだか、これまで観た作品では一番綺麗?(失敬な奴だ)
魅力的なのは「アバター(2009年)」だったけれど…あら翌年の制作か。
なるほど、本作、思ったより古い作品だったのね。

原作はDCコミックス。
なるほど、作風が漫画っぽいのはテイストを感じさせようということか。
それは成功していると思うけれど…そもそも話が分かりにくい。
説明が少ないのは原作を知っている人向け?
いや、知らなくても大丈夫なんだけれど、分かりにくい。

ボリビアである作戦任務を果たそうとしたルーザーズ。
彼らは米国の特殊部隊に所属している。
メンバーは作戦統制が主務のリーダー・クレイ(ジェフリー・ディーン・モーガン)、通信担当のジェンセン(クリス・エヴァンス)、爆薬担当のローク(イドリス・エルバ)、輸送と重火器の担当プーチ(コロンバス・ショート)、狙撃担当のクーガー(オスカル・ハエナダ)の5人。
作戦任務は武器商人のファディーるという男の居場所の特定だった。

えっ?そんなことのためにルーザーズ全員が招集された?
けっこう成績優秀なチームなんじゃないの?
と思ったら、あらま確認した屋敷に子供たちが25人も!
うむむ、この子供たちは何のために集められたのか?
人身売買か?

位置を特定したので作戦本部のマックスから攻撃指令が出る。
子供なんて、おかまいなしだ。
それはルーザーズの掟に反するらしく、彼らは作戦任務を放棄して子供たちを救い出し救出ヘリの乗せるのだが…なんとマックスは、そのヘリにも攻撃命令を出す。
ありゃりゃ、これは子供たちがいようがいまいが、ルーザーズを無き者にしようというマックスの計画だったのか。

マックスという悪党のキャラと行動がよく分からないのも本作の難点かな。
このあとルーザーズは死を偽装してボリビアのとある街に潜伏、マックスへの復讐を画策していたがメンバーの思惑は微妙にすれ違いはじめ…
そんな時、クレイの前に謎の女アイシャ(ゾーイ・サルダナ)が現れる。
自分と協力してマックスを殺せばアメリカに戻すという。

いいねぇ、ゾーイ・サルダナ。
コロンビアーナ(2011年)」よりアクションにキレがあるし、銃さばきも本作のほうがイケてる。
この演技で「コロンビアーナ」出演になったのかな?
だったら監督さん、使い方をミスったね。

さてさて話は二転三転しながらスピーディーに展開するので飽きることはないのだけれど、やっぱりマックスの行動が分かりにくい。
そのせいでルーザーズの活躍が色褪せて見えるのは気のせいか?

クリス・エヴァンスは「ファンタスティック・フォー/超能力ユニット(2005年)」のジョニー・ストームよりだけれど…もう似合ってないな。
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(2011年)」と撮影が重なったのかな、お疲れモードのように見えた。

うーん、同時期の「特攻野郎Aチーム/THE MOVIE(2010年)」と同じような雰囲気だけれど、完成度は低いかなぁ。
ゾーイ・サルダナが無駄に美しい。

ルーザーズ [Blu-ray] - ゾーイ・サルダナ, ジェフリー・ディーン・モーガン, クリス・エバンス, ジェイソン・パトリック, シルヴァン・ホワイト, ジョエル・シルバー, アキバ・ゴールズマン, ピーター・バーグ, ジェームズ・バンダービルト, ゾーイ・サルダナ
ルーザーズ [Blu-ray] - ゾーイ・サルダナ, ジェフリー・ディーン・モーガン, クリス・エバンス, ジェイソン・パトリック, シルヴァン・ホワイト, ジョエル・シルバー, アキバ・ゴールズマン, ピーター・バーグ, ジェームズ・バンダービルト, ゾーイ・サルダナ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント