0コメント

【DVD鑑賞】PROSPECT/プロスペクト

PROSPECT/プロスペクト
 制作年  2018年
 監督   ジーク・アール、クリストファー・コールドウェル
 出演   ペドロ・パスカル、ソフィー・サッチャー、
      ジェイ・デュプラス、アンドレ・ロヨ、
      シェイラ・バンドほか
 劇場公開 2019年7月
 録画日  DVD形式 2019年10月3日
 鑑賞年月 DVD鑑賞 2021年2月


 タイトルで選んだ作品…だと思う。
断定するほどには自信はない。
DVDジャケットからSF映画だということが分かるので、それで選んだのかも…

プロスペクトと言えば、働いていた会社では見込み客のことをそう呼んでいた。
自分は固定客を担当していたので、ちょっと馴染まない概念だった。
1974年に入社した最初の職場では耳にしなかったと思う。
まぁ、その職場全体(200人ぐらいいたかなぁ)が固定客を担当する部門だったので、使わなかったのかもしれない。
見込み客ではないのだから。

地元の札幌に転勤になって予算会議でプロスペクト=見込み客と教えてもらった。
自分たちのグループは固定客が多い部門だったので、見込み客というより発注が見込まれる物件というふうに使っていた。
さて本作では、どういう意味合いだろうか?

単語の意味合いとしては「予想」、「見込み」、「期待」といったところ。
「天然資源鉱脈」、「天然資源埋蔵地域」といった意味でも使われるらしい。
ふむ、物語の内容からするとコレかな?

ある惑星の軌道上の宇宙ステーションに係留中の小型宇宙船、いやポッドかな?
一組の父娘が乗船している。
娘は何かを希求している。
まぁ、思春期だから漠然としたプロスペクト=期待を抱いて、変化を求めているのだろうと思われる。
だが父は…
この惑星の地表にお宝があるらしい。
鉱石のようだ。
彼は、その鉱石を採掘することを生業としているようだ。
だが、現在はその生業は斜陽化しており、いわばかつての石炭産業の従事者。
生活的には貧しい。
この惑星には、最後に残された「女王の巣」という大量に鉱石を採掘できる場所があり、傭兵(?)らに呼ばれて父は採掘に向かっているのだ。

採掘と言っても…何やら生物(植物か?)の中にあるような感じ。
取り出す映像が、ちょっとグロテスクかもしれないが雰囲気がある。
本作、面白いなと思うのは全体的には低予算なんだけれど、こういうちょっとしたところの映像が凝っている。
ツボを押さえている問いのだろうか、どこか老朽化して使い古されたポッドや宇宙服などもそうなのだが、なんとなく現実味がある。
宇宙服のデザインなんて「2001年:宇宙の旅(1968年)」みたいだもの。

 父娘、嵐(?)に遭遇して「女王の巣」と離れた場所に不時着してしまう。
歩いて「女王の巣」に向かうのだが、途中で荒くれ野郎どもに遭遇。
父と荒くれ野郎の一人が銃撃で死んでしまう。
彼女は慌ててポッドに戻り、宇宙ステーションにドッキングを試みるが…
不時着の際、エンジンが故障していたようで発射できない。
というか、このポットで惑星の重力圏を飛び出すのは無理でしょう。
重力を無効にするような推進装置を装備しているのかな?
それにしてはレトロなデザインだ。

荒くれ男がポッドセンナに侵入してくる。
彼女は銃(ボーガンかな?)で応戦、男は怪我をする。
だが男の提案により、二人は「女王の巣」に向かうことにする。

ここで二人の奇妙な旅(?)が始まる。
二人の関係が、だんだんと疑似的な親子のようになっていくのは妙なものだが、なんとなく理解できないこともない。
死んだ父親は彼女の言葉や希望に耳を貸さないが、この男は彼女のことを素人語り掛けてくるし話をよく聞くのだ。

このあと「女王の巣」にたどり着いた二人。
傭兵たちとスッタモンダがあって男は瀕死の重傷を負う。
傭兵たちの宇宙船を床ってヒロインは宇宙ステーションへ向かう。
これで幕引き、エンドである。

何かを主張するタイプの作品ではないのだろう。
よく映像の美しさを見せる作品があるが、本作は細かいディティールに拘りレトロな感覚のSF感で現実味ある未来を描きだしている。
まぁ、それだけの話かな。
疑似的な父娘関係から何かを訴えているわけでもないし…
多くの人が同意するわけではないと思うが、映像を楽しむ作品かなと。

Prospect プロスペクト(字幕版) - ソフィー・タッチャー, ペドロ・パスカル, ジェイ・デュプラス, ジーク・アール, クリス・コールドウェル, ジーク・アール, クリス・コールドウェル
Prospect プロスペクト(字幕版) - ソフィー・タッチャー, ペドロ・パスカル, ジェイ・デュプラス, ジーク・アール, クリス・コールドウェル, ジーク・アール, クリス・コールドウェル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント