0コメント

【DVD鑑賞】テキサスの五人の仲間

テキサスの五人の仲間
 制作年  1965年
 監督   フィルダー・クック
 出演   ヘンリー・フォンダ、ジョアン・ウッドワード、
      ジェイソン・ロバーズ、バージェス・メレディス、
      チャールズ・ビックフォード、ケヴィン・マッカーシーほか
 劇場公開 1966年10月
 録画日  DVD形式 2021年2月17日
 鑑賞年月 DVD鑑賞 2021年2月


 映画への感性は人それぞれではあるが誰かが面白いと感じた作品は、やっぱりそれなりに面白いものである。
MMシアターのMさんから紹介された「めぐり逢わせのお弁当(2013年)」などは良い例で、食べ物絡みの物語は「シェフ/三ツ星フードトラック始めました(2014年)」のように好きな女優でも出ていない限り自分から観ることはない。
ましてや、それがインド映画では、Mさんに紹介されなければ一生観ることはない。
本作はヘンリー・フォンダ主演だからいずれ観ることになったかもしれないが、ある方のブログで紹介されていて、興味深い内容だったので観てみることにした。
そういう意味では時期が早まっただけではなく、よい機会を得たということになる。
ありがたいことだ。
あらためて感謝しよう。

 物語は西部開拓時代のテキサスのラレードという町で、年に一度のポーカーゲームに興じる5人の仲間の話である。
これが、けっこうトンデモハップンな野郎どもの集まり。
裁判を途中で放り出した弁護士ヘイバーショウ、娘の結婚式を中断して参加したドラモンド、家畜仲買業のビュフォード、葬儀屋トロップともう一人ウィルコックス。
いずれも大金持ちのようで一年の稼ぎをかけての大勝負、町でも噂のお祭り騒ぎ。
今年もホテル兼酒場の奥の部屋で勝負が始まった。

そこへ場違いの家族が、馬車の修理に一泊したいと子連れ夫婦がやってくる。
気弱そうな風体の夫メレディス(ヘンリー・フォンダ)、凛とした妻メリー(ジョアン・ウッドワード)、利発そうな息子のジャッキーである。
フロントではヘイバーショウが、負けがこんだのか掛け金の交換にやって来ていた。
それを見たメレディスは大勝負のポーカーゲームが行われていると知り、妻や息子の反対をよそに見学したいと申し入れる。

妻の姿に、まんざらでもないヘイバーショウは見学を許可する。
まぁ、下心アリって感じ…
実はメレディスはポーカー中毒の男で、何度も身上をつぶしている。
反省してテキサスの田舎に農場を買うため、家族で旅をしている途中だったのだ。
息子を監視役につけることを条件に妻は馬車の修理に向かう…
あれ?意外に簡単に許しちゃうなぁ。
この様子じゃ、見学だけで終わらず手を出すにきまってるぞ。

案の定、メレディスはポーカーゲームに加わった。(やっぱり!)
そして絵にかいたような負けっぷりで、あっという間に最初の千ドルを失う。
だが、その時、神が微笑んだ。
極めつけのよい手が巡ってきたのだ!
ところが場のルールは西部式(詳しくは知らないけれど)。
持ち金が無くなったらゲームオーバー、借金はできない。
メレディス、なけなしの残りの三千ドル、部屋に取りに戻る!
息子が喚くように「パパ!やめて!」と叫ぶ!
だが、そんなものは無視だ。
カード中毒に見境なんてないのだから。

ところが、ほかの連中も降りない。
ここはポーカーの醍醐味。
誰もかれもが欲につられて騙しあい、はったりをかましている。
なかなかの見どころの場面でである。
だが…ついに残りの三千ドルも底をついた。

メレディス、五百ドル足りない。
このままではゲームオーバーだ。
金時計を担保にするが百ドルにしかならない。
馬車も売ると言い出すが…金持ち連中、馬車など欲しい奴はいない。
万事休すかと思ったら、奥方が修理を終えて戻ってきた。
事の顛末を話すメレディス。
「一生に一度あるないかの手なんだ、続けさせてくれ!」
「その言葉に何度騙されたと思っているの!」
そして口論の途中、心臓発作を起こして倒れてしまうメレディス!
えぇっ!?死んじゃうの?それじゃ話が続かない、どうなる?

医者がやって来て応急手当。
だがホテルではロクな手当はできないと自宅へ連れてゆく。
メレディス、奥方に「ゲームを、頼む」と言い残すのだった。

凛とした奥方のメリー、覚悟を決めてポーカーゲームに加わる。
そして爆弾発言!
「どうやるのか、教えて」
な、なんと、ポーカーを知らない?
ここで下心アリアリのヘイバーショウが、助け舟を出しルールを説明する。
でも掛け金はない…

メリー、起死回生の一手を思いつく。
銀行で謝金をすると言い出した。
おや、メレディス、実はいいところのお嬢さんで正体は大金持ち?
みんな相手が信用できないから、カードをもってメリーと一緒に向かいの銀行へ。
そして銀行の頭取に「担保はコレ」とポーカーの手を見せるのだった。
なるほど、これは巧い手だなと感心してしまったのだが…

しかし、そんなに世の中甘くはないか…事務所を追い出されてしまう面々。
さぁ、ゲームは終わりかと思った瞬間、
頭取には事情があったのか、なぜかポーカーゲームの部屋にやってきて融資すると。
さぁ!ゲーム再開。
頭取の湯水のような融資で、他のメンバーは全員降りた。
メリー、勝利!テキサスの五人の仲間は撃沈である。
でもなぁ、ポーカー中毒を、あれほど嘆いていたのに…どうなってるんだ!?

まぁ、ここから先は小気味のよい洒落たどんでん返しが待っている。
邦題も実に洒落ている。
更生も実に巧いもので、「なるほどねぇ」と口元が緩む幕引き。
よい時間を過ごすことができた。

テキサスの五人の仲間 [DVD] - ヘンリー・フォンダ, ジョアン・ウッドワード, ジェイソン・ロバーズ, バージェス・メレディス, チャールズ・ビックフォード, ケヴィン・マッカーシー, フィルダー・クック
テキサスの五人の仲間 [DVD] - ヘンリー・フォンダ, ジョアン・ウッドワード, ジェイソン・ロバーズ, バージェス・メレディス, チャールズ・ビックフォード, ケヴィン・マッカーシー, フィルダー・クック

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント