0コメント

【Netflix鑑賞】ミッドナイト・スカイ

ミッドナイト・スカイ
 制作年  2020年
 監督   ジョージ・クルーニー
 出演   ジョージ・クルーニー、フェリシティ・ジョーンズ、
      デヴィッド・オイェロウォ、ティファニー・ブーン、
      デミアン・ビチル、ケイリン・スプリンゴールほか
 劇場公開 2020年12月(Netflix配信 2020年12月23日)
 鑑賞年月 Netflix鑑賞 2020年12月


 あらま…
これも地球が滅亡、新天地へ向けたアダムとイヴの旅立ち物語。
普通、この手の物語はアダムとイヴの二人で種族は繁栄するのかと疑問はあるものの、概ねは明るい未来を予感させて幕引きとなるのだが…
いや、本作は物語の展開が全体的に暗くて、とても幸せな気分になれない。
むしろ二人しか残らなかったことで人類の滅びを感じる作品になったと思う。
フェリシティ・ジョーンズの演出もへたっぴぃで、観るんじゃなかったかなと…

地球滅亡を目前にして北極に残る孤独な科学者オーガスティン(ジョージ・クルーニー)は、迷ってしまった少女と止む無く共同生活をすることに。
彼は輸血(?)をしなければ命が危ない状態。
うーん、仲間から血液を交換しても数週間とか言われていたが…

この少女、口がきけないらしい。
でもある場面で声は出せていたな。

ちょっと分かりにくかったけれど、どうやら環境破壊が進んで地球は滅亡の危機にあるという未来が舞台。
この危機感を観客との間で醸成する描写する映像がないのは致命的。
さらに人類が移住できる惑星を探して探査船を飛ばしている描写も唐突。
なのでオーガスティンが、必死に口のきけない少女を連れて別の観測所に向かう心情が理解できないのだ。
理解というか、心が同期しない。

しかも、その道中のスッタモンダの冗長度が高く、何を言わんとしているのか疑問というか難解。
少女が彼を精神的に支えているとも思えないし…

そんな中、オーガスティンは、任務を終えて地球へ戻ろうとする宇宙船の乗組員サリー(フェリシティ・ジョーンズ)らの存在を知る。
彼らは居住可能な木星だか土星の衛星を(違うかも)発見したのだった。
でも地球に戻っても意味はない。
移住すべき人類は、もうオーガスティンと少女しかいない。

この宇宙船でのスッタモンダも意味が分からないものが多い。
特に修理の船外活動で死亡したマヤ。
死んでしまう意味が分からない。
複数の男女で構成される乗組員をアダムとイヴ状態にするため?

結局、地球に戻っても無駄ということで宇宙船は引き返す。
乗組員のうち男二人が地球へ帰還する決断をする。
無事に戻ったのかは語られない。
オーガスティンと少女も、いずれ食糧が尽きて死ぬだろう。

宇宙船のサリーとオーガスティンが父娘だったというエピソードが、何の役にも立っておらす感動を呼ばない。
なんじゃ、コレ?

あ、フェシリティ・ジョーンズ狙いの鑑賞ではない。
鑑賞記録を書いていて「あら?サリーがフェシイティ・ジョーンズだった?」
ジョージ・クルーニー監督、残念でした。
宇宙船の船外活動の映像は「ゼロ・グラビティ(2013年)」なみによかったけれど、緊迫感のないので無駄にしっかりしていて残念!

ミッドナイト・スカイ.jpgAmazon HPより

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント