0コメント

【Netflix鑑賞】スタートレック/宿敵クリンゴンの出現

スタートレック/宿敵クリンゴンの出現
 制作年  1967年
 監督   ジョセフ・ペヴニー
 出演   ウィリアム・シャトナー、レナード・ニモイ、デフォレスト・ケリー、
      ジョージ・タケイ、ニシェル・ニコルズ、ジェームズ・ドゥーアン、
      ウォルター・ケーニッヒ、ベン・ゲイジ、ジュリー・ニューマー、
      タイ・アンドリュース、マイケル・ダンテ、カル・ボルダーほか
 劇場公開 劇場未公開
 鑑賞年月 Netflix鑑賞 2020年12月


 うっ、クリンゴン人が情けないぞ…
今回のエンタープライズの任務は、惑星カペラ4号の貴重な鉱物資源発掘権獲得の交渉である。
ドクター・マッコイが先行して交渉に臨んでおり、「身体が大きく身長2メートルも珍しくはないし、体力もかなりある宇宙人だ」と会議で報告している。
あれ?マッコイさん、医者じゃなかったの?

カーク船長、スポック、ドクター・マッコイで交渉のため惑星に降り立つと、既にクリンゴン人が鉱物資源発掘権の交渉を開始していた。
しかも、彼らのナンバー2とみられる人物を押さえており、交渉は彼らが一歩リードしているように見受けられる。

このカペラ人、少々変わった慣習というか価値観で生きている。
戦いが最優先の規律、男尊女卑、おまけにマッコイに言わせると「彼らは病気の治療にはからっきし興味がなく弱肉強食がモットー」なのだそうである。

カペラ人の容姿が気になった。
厚底靴を履いているんじゃないの?
いかん、いかん、こんなことしていたら物語に集中できない。
だから記憶できないんだ…

途中から鉱物資源発掘権獲得の交渉話は、すっとんでしまった。
捕らえられたカーク船長らの逃走物語。
クリンゴン人との戦いもない。
だいたいクリンゴン人、普通の顔してる。
スタートレック/クリンゴン帝国の侵略(1967年)」に登場したクリンゴン人は、後の作品の原形を感じることができたけれど…本作は「?」である。
がっかりだなぁ…

そのクリンゴン人の宇宙船がエンタープライズを惑星カペラ4号の周回軌道からおびき出すシーンがあるのだけれど、スッコト機関士、騙されてることに早く気づけよ、まるで放映時間の調整しているのがバレバレのエピソードで笑うしかない。
当時の視聴者は、これで惑星上のカーク船長たちを心配してはらはらしたのかな?

王妃の行動は、まったく意味が分からないなぁ。
それに絡むマッコイの行動も、何が何だか…
面白くないエピソードの一つだな、コレ。
ひとえにクリンゴン人の造形の酷さと王妃の行動原理の不明瞭さにある。

スタートレック/宿敵クリンゴンの出現.jpg
スーパー!ドラマHPより

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント