0コメント

【DVD鑑賞】ミューズ/悪に堕ちた女神たちの魂

ミューズ/悪に堕ちた女神たちの魂
 制作年  2017年
 監督   ジャウマ・バラゲロ
 出演   エリオット・コーワン、フランカ・ポテンテ、アナ・ウラル、
      レオノール・ワトリング、マヌエラ・ベイェス
      ジョアンヌ・ウォーリー、クリストファー・ロイドほか
 劇場公開 2018年8月
 録画日  DVD形式 2019年9月7日
 鑑賞年月 DVD鑑賞 2020年12月


 ミューズ(美や芸術の女神)を扱ったホラー映画としては面白いかもしれないが、フランカ・ポテンテ狙いの女優鑑賞派としてはイマイチだった。
ひとえに彼女の活躍が思ったほどではなかったからというファン心理による。
久しぶりに見たのになぁ、もう少し活躍させてよ、監督さん!

大学教授のサミュエルは教え子の学生と付き合っている。
うっ、いいのか教授!
まぁ、本人も気にはしている様子だが…

ある日、彼女が愛をかわした後にシャワー室で突然自殺してしまう。
あらま、最悪の事件じゃないか。
でも事件がテーマではないので(教授と教え子の恋愛)、事件的な扱いは軽い。
問題は、その日から彼が悪夢にうなされること。

そして、とある女性が自宅で惨殺されるというニュースを見たサミュエルはびっくり仰天してしまう。
なぜなら、その女性が悪夢に出てくる女性とそっくりだったのだ。
自分自身が教え子の自殺という悲劇の当事者であることもあって、なんとなく周囲にも警察にも相談できず…
だが気になって仕方がない彼は、現場となった屋敷へと足を踏み入れることに。
そしてそこで同じ目的でやってきていた女性と遭遇する。
なんと彼女も同じように悪夢を見ていたのだった。
そこで二人は協力して女性の死の謎に迫ってゆく…という流れである。

お目当てのフランカ・ポテンテは教授の同僚。
物語の背景にあるミューズ絡みの謎解きに協力するのだけれど…
いやぁ、もっと活躍させて欲しかったな。
いい雰囲気を醸し出しているのに、もったいない。
うーん、ファン心理の贔屓目かしらん?

まぁ、このミューズ絡みの背景が面倒なほどに絡んでくる。
ホラーというよりは、その謎解きを楽しむミステリーなのかもしれない。
複数のミューズが、「招待」「導き」「欺き」「罰」「予言」「情熱」「秘匿」の7人かな、登場するけれど事の発端の惨殺女性、教え子もミューズだったらしい。
彼女たちの古からの掟やらなにやら、設定が入り組み過ぎたきらいがある。
普通にイメージするミューズの役割を誰一人として果たしていないし…
設定に凝り過ぎて肝心のドラマがイマイチだったかな。
ミューズもいいけどフランカ・ポテンテも何とかしてよぉ~!

ミューズ 悪に堕ちた女神の魂 [DVD] - フランカ・ポテンテ, クリストファー・ロイド, エリオット・コーワン, アナ・ウラル, ジョアンヌ・ウォーリー, ジャウマ・バラゲロ
ミューズ 悪に堕ちた女神の魂 [DVD] - フランカ・ポテンテ, クリストファー・ロイド, エリオット・コーワン, アナ・ウラル, ジョアンヌ・ウォーリー, ジャウマ・バラゲロ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント