0コメント

【Netflix鑑賞】スタートレック/惑星パイラスセブンの怪

スタートレック/惑星パイラスセブンの怪
 制作年  1967年
 監督   ジョセフ・ペヴニー
 出演   ウィリアム・シャトナー、レナード・ニモイ、デフォレスト・ケリー、
      ジョージ・タケイ、ニシェル・ニコルズ、ジェームズ・ドゥーアン、
      ウォルター・ケーニッヒ、アントワネット・パワー、テオ・マーカス、
      マイケル・バリヤー、ジョン・ウィンストン、ジミー・ジョーンズほか
 劇場公開 劇場未公開
 鑑賞年月 Netflix鑑賞 2020年11月


 幽霊ものをSFっぽく味付けしてはみたものの…
という感じのエピソードで、中だるみ感もあって…
スタートレック的にはつまらない。

生命のいないはずの惑星。
今回は何を調査しに来たのだっかな?
上陸班の一人を収容したら、いきなり死亡!
慌てるカーク船長、惑星にはスールーとスコットが残っている!

カーク船長、スポック、ドクター・マッコイの3人が彼らを救助するため惑星へ。
すると…
到着した岩場には霧が立ち込めている。
スポックの分析では雲の構成分子は認められず、表面温度に変化もないので霧が発生するのは異常な状態と考えるのが論理的と…
なんだろな、このトリコーダーって。
万能環境分析器か…見た目はハンディターミナルだけれど。

原題は「Catspaw」
米国での放映時、視聴者は「お化けのキャスパー」が出てくると期待したのだろうか?
キャスパーは登場しないけれど、雰囲気はお化け物語っぽい。
どうやら何かの調査をしていた異星人が人間に興味を抱き、ちょっかいを出してきたというような物語である。
人間の欲望に触発された女性型異星人が暴走したような流れで…
魔女伝説みたいな物語だな、黒猫も登場するし。

この手のSFっぽくないエピソードは、あまり好きになれないかも。
可哀そうに、異星人は最後に死んじゃうし…その造形が、なんともはや。

スタートレック/惑星パイラスセブンの怪.jpg
スーパー!ドラマHPより

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント