0コメント

【BD鑑賞】アントマン&ワスプ

アントマン&ワスプ
 制作年  2018年
 監督   ペイトン・リード
 出演   ポール・ラッド、エヴァンジェリン・リリー、
      マイケル・ダグラス、ミシェル・ファイファー、
      マイケル・ペーニャ、ハナ・ジョン=カーメン、
      ローレンス・フィッシュバーンほか
 劇場公開 2018年8月
 録画日  DVD形式 2019年1月16日
      BD形式  2019年9月2日
 鑑賞年月 劇場鑑賞  2018年9月
      BD鑑賞  2020年10月


 「アントマン(2015年)」の再鑑賞が、思っていたより面白いと感じなかったので本作の再鑑賞も少し不安があった。
でもゴーストのこともあるし、少なくともラストのバトルシーンは面白いはず…
うーん、微妙だったなぁ。

難しいのはワスプ(ホープ)を大活躍させると、アントマンの存在感が揺らぐ。
かといって元泥棒でノータリンキャラのアントマン、特別なパワーを持っているわけでもない。
アイアンマンほどスーツが彼を強化していない。
微妙な立ち位置だなぁ。

ゴーストは、これからどうなるのか分からないけれど、3人でチームを組まないとアベンジャーズがシリーズを閉じたので、繋ぎの話で盛り上げることもできないから、ちょっとシリーズとしては難しいのではないだろうか?
でもピム博士とジャネット、二人とも消えちゃったしなぁ…どうする?

「ソコヴィア協定」のくだりは再鑑賞の記憶が消えておらず、なるほどなるほどと納得しながら鑑賞できた。
ビル(研究所)を丸ごと小さくしてキャリーバッグのように扱うアイデアは、これによって三者の争奪戦に自由度が出て面白かった。

全体的には「アベンジャーズ」繋がりのあざとさと無理矢理感を、まだ少し引きずっているのが難点だろう。


***************** 2019年2月12日 記 *****************************
                   (元ネタは2018年9月29日 記)

 前作を観たのは、2015年9月。
3年経つと「面白かったなぁ」という、なんとなくの記憶があるくらい。
でも前回の鑑賞記録を読むと、「アベンジャーズ」への繋ぎのための作品、それを前提で観るならば面白いという。
「それがなければ…駄作とまでは言わないけれど『グリーン・ランタン(2011年)』同様に『そこそこ面白い』程度で終わってしまったかもしれない。」という評価は、伝わりにくい大回しだよなぁ。
書いた本人が「えっ?何が言いたかった?」と、目を白黒しているくらいだ。

「グリーン・ランタン」って、巷の評判ほど悪いとは思っていない。
という前提があって…「アベンジャーズ」繋がりなければ、その程度の面白さで、繋がりがあることを思えば「面白い」と言うつもりなんだけれど…ダメかなぁ。
そうか、「フリーン・ランタン」ってDCコミックスか。

前作の一番は、「ホビット」シリーズに出てきたタウリエル姐さん、エヴァンジェリン・リリーだった。
ということで今回はアントマンはどうでもよくって、ワスプことエヴァンジェリン・リリーが狙いの鑑賞ということになる。
もっとも今回はゴーストことエイヴァ(ハナ・ジョン=カーメン)も、お気に入りになってしまったので、次作は二人の活躍が楽しみである。

初代ワスプことジャネット、旧ソ連の核ミサイルを停止させるため、量子の世界まで縮小し任務を果たすも量子世界に留まることになってしまった。
その彼女を量子世界から連れ戻す物語が一つ。
ジャネットの夫であり、初代アントマンであるピム博士の開発した量子化装置を狙うギャング(?)との抗争が、もう一つの話。
さらにピム博士の元同僚のビル・フォスター教授と謎の女ゴースト、彼らも量子化装置を狙っている。
この三つ巴の話に、アベンジャーズシリーズのドジ話で自宅軟禁状態にあるアントマンとFBI(?)の捜査官とのドタバタが絡んでくる。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年)」でのことを、ワスプとアントマンで語り合うシーンがあるのだが…
鑑賞中はアントマンのシーンが思い出せなかった。
アベンジャーズを国際連合の管理下に置く「ソコヴィア協定」の賛否を巡って勃発した「アベンジャーズの内乱」で、ハンクとホープに内緒で協定に反発するキャプテン・アメリカに加担したアントマン、「ソコヴィア協定」に違反したとして自宅に軟禁されているようなのだが(ウィキペディア参照)
うーん、そうだったか?

テンポよく展開する物語、今回はアベンジャーズ抜きで面白かった。
時の流れを経たジャネットをミシェル・ファイファーが演じていて、これは個人的にはお得感があった。
ノーチェックだったので。

アントマン&ワスプ 4K UHD MovieNEX(3枚組) [4K ULTRA HD+3D+Blu-ray+デジタルコピー+MovieNEXワールド] - ポール・ラッド, エヴァンジェリン・リリー, マイケル・ダグラス, マイケル・ペーニャ, ハンナ・ジョン・カメン, ペイトン・リード
アントマン&ワスプ 4K UHD MovieNEX(3枚組) [4K ULTRA HD+3D+Blu-ray+デジタルコピー+MovieNEXワールド] - ポール・ラッド, エヴァンジェリン・リリー, マイケル・ダグラス, マイケル・ペーニャ, ハンナ・ジョン・カメン, ペイトン・リード

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント