0コメント

【Netflix鑑賞】スタートレック/イオン嵐の恐怖

スタートレック/イオン嵐の恐怖
 制作年  1967年
 監督   マーク・ダニエルズ
 出演   ウィリアム・シャトナー、レナード・ニモイ、デフォレスト・ケリー、
      ジョージ・タケイ、ニシェル・ニコルズ、ジェームズ・ドゥーアン、
      ウォルター・ケーニッヒ、バーバラ・ルナほか
 劇場公開 劇場未公開
 鑑賞年月 Netflix鑑賞 2020年11月


 とある惑星で、何やら鉱物資源採掘の交渉をしているシーンから始まる本作。
でも、その交渉内容は物語とは無関係。
平和目的のために使用すると言って採掘許可を求めるカーク船長。
だが、その惑星人は「今のあなたたちはそう言うが、未来では分からない。この資源は恐ろしい力を持っている。もし間違って使われれば、私たちの長い間の平和の歴史が終わってしまう。だから採掘許可は出せない」
「ご立派な考えです。いずれ分かっていただけるでしょう」とカーク船長。
今回の交渉を打ち切り引き揚げることに。
うむむ、この資源って原子力にしか思えないけれど…

残念ながら資源の悪魔的なパワーについての説明はない。
また交渉が、このあとどんな展開をみせるのか?果たして惑星連邦は、この鉱物資源を入手できるのか?という流れの物語ではない。

交渉を終えてエンタープライズに引き揚げる上陸班、イオン嵐の影響を受けてパラレルワールドのエンタープライズへ転送されてしまう。
あはは、髯男爵スポック見参!
意外にかっちょええなぁ、レナード・ニモイ。

スタートレック/二人のカーク(1966年)」みたいな感じで、悪玉がカーク船長だけではなく乗組員全員が欲望丸出しという設定のエンタープライズ。
いやいや、乗組員船員こんな感じだったらエンタープライズ運航できませんって。
いくら何でもヤリすぎじゃない?
髯男爵スポックとエロいスールーは面白いけれどねぇ。

とらえようによっては主要メンバーの性格が入れ替わってのドタバタコメディ。
通常のエンタープライズ側のドタバタが描かれないのが、ちょっと残念。
よほど面白い喜劇になったのではないかと思う。

まぁ、しかし…
どちらのスポックも、なぜかかっちょええなぁ。
本シリーズを通じて常にかっちょええのはスポックかも。
だんだんカーク船長が狂言回しに見えてきた。
ウフーラ(ニシェル・ニコルズ)が、とても美人に見えてきた。

冒頭のシーン、なんだったのかな?
イオン嵐の前菜?

スタートレック/イオン嵐の恐怖.jpg
スーパー!ドラマHPより

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント