0コメント

【Netflix鑑賞】スタートレック/デネバ星の怪奇生物

スタートレック/デネバ星の怪奇生物
 制作年  1967年
 監督   ハーシェル・ドーハティ
 出演   ウィリアム・シャトナー、レナード・ニモイ、デフォレスト・ケリー、
      ジョージ・タケイ、ニシェル・ニコルズ、ジェームズ・ドゥーアン、
      ジョアン・スイフト、モーリシカ・タリフェローほか
 劇場公開 劇場未公開
 鑑賞年月 Netflix鑑賞 2020年11月


 寄生された生物は集団的な精神異常を起こし、その文明が崩壊してしまう…
うーん、この寄生体、あんまり賢くないな。
寄生体の意思と被寄生体の意思がぶつかり合って、被寄生体に大きな苦しみをもたらすなんて…寄生体にとって寄生するメリットはなんだ?
一時の延命?被寄生体の文明を使って宇宙空間を移動して増殖すること?
よく分からないなぁ。

まぁ、でも物語は、そこが重要なのではない。
ドラマでは寄生体を絶滅する方法が見つかったけれど、もし、そうでなければ…
寄生した人たちを犠牲にして、寄生体の拡散を防ぐしかない。
カーク船長は、ここでかつての惑星タルサス4号星で発生した食糧危機に直面した知事コドスと同じ選択を迫られる。(スタートレック/殺人鬼コドス
場合によっては殺人鬼カークと呼ばれることになるかもしれない…

まぁ、それでは本シリーズの将来がなくなっちゃうから…
解決法は、いつものようにスポックが見つける。
その方法を自ら生体実験することで、被寄生体の生命を奪わずに対処が可能だと判明するわけだが、スポックは偉いなぁ。

本シリーズ、これがシーズン1の最終章なのだが(米国本国での放映順は知らない)、他の生命体のため自らを犠牲にすることを厭わないスポックはかっちょええ。
「スター・トレック」シリーズって、スポックの作品と言っても過言じゃないかも。

それにしても高熱は大丈夫で光はダメって、なんかおかしくない?
当時の感覚としては光と熱って別物なのかな。
物質って高熱になると光を発するんじゃないの?
まっ、いっか…

今回のカーク船長、やたらに感情的。
まぁ、概ね感情をあらわにするのはカーク船長、クールな論理を展開するのがスポック副長、感情よりに二人をたしなめるのがドクター・マッコイという役割分担があるから致し方ないけれど、それにしても今回は…
それは兄夫婦が甥っ子とともにデネバ星に居住しているからなのだが…
残念ながら兄夫婦は犠牲になってしまうけれど。

シーズン1のラストに言うのもなんだけれど…
ウフーラ(ニシェル・ニコルズ)ってナイスボディで奇麗だなぁ。
いつも通信担当ばかりの台詞しかないけれど、シーズン2では活躍してほしいなぁ。

もう一つ、小さい頃に見ていたはずだけれど…
個々のエピソードは、一つも思い出さなかったなぁ。
にも拘わらず劇場版「スタートレック(1979年)」を観たとき、このメンバーの登場には懐かしくって大感動したのだから不思議なものだ。

恒星日誌ってキャプテンブログなんだ。

スタートレック/デネバ星の怪奇生物.jpg
スーパー!ドラマHPより

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント