0コメント

【Netflix鑑賞】スタートレック/怪獣ゴーンとの対決

スタートレック/怪獣ゴーンとの対決
 制作年  1966年
 監督   ジョセフ・ペヴニー
 出演   ウィリアム・シャトナー、レナード・ニモイ、デフォレスト・ケリー、
      ジョージ・タケイ、ニシェル・ニコルズ、ジェームズ・ドゥーアン、
      キャロル・シュリン、ゲーリー・コーンブス、ボビー・クラーク、
      トム・トロープ、ショーン・ケニーほか
 劇場公開 劇場未公開
 鑑賞年月 Netflix鑑賞 2020年11月


 どうなんだろうな、このラスト。
本シリーズの理想とする宇宙平和の精神が、やや説教臭く語られる回だった。
民族(宗教)闘争を繰り返す人々は、これを観て何を感じるだろうか?

エンタープライズは地球の最前哨基地があるセスタス3号星の要請を受け基地へ向かったのだが、基地はすでに完全に破壊されていた。
カーク船長たちも何者かに激しく攻撃された。
なんとか敵を撃退し逃走する敵船の追跡するエンタープライズだったが、銀河の果てのある太陽系まで追ったところで敵船もエンタープライズも謎の光線を浴びて静止させられてしまう。
シリーズお得意の人類を凌駕する知性体が現われ、自分たちの宇宙に勝手に侵入してきた遺伝学的に暴力を好む両種族を裁くために決闘をさせると通告してきた。
彼らはメトロンと名乗った。

そうそう、例えばの話だけれど…
米国とソビエト、それほど相手が憎ければ代表者を選出して、どとらか一方が命果てるまで戦い負けたほうが従うという場を提供したら、どうなるものかなぁ?
キリスト教代表とイスラム教代表でもいいけれど。
やっぱり数段高い知性と破壊力を持った行司が存在していないとダメだろうな。
負けたほうが「しゃらくせぇっ!やっちまいなっ!」と暴れた時に、「大バカ者!」と抑え込む力が必要になる。

だから本作のラストで提示される「赦し」が重要になる。
セスタス3号星は、もともとは敵の星であり彼らが先住民だったのだ。
勝者として自分たちの非も認めながら敵を赦すのは、やや米国の傲慢さを感じないわけではないけれど…東京裁判も、このような心で臨んで欲しかったな。
ね、ウェッブ裁判長さん!

まぁ、それを考えるとメトロンも、それほど知性的ではないのかもしれない。
科学力は十分に高いようだけれど…

しかし、敵の造形は酷いなぁ。
爬虫類で動きも遅い(着ぐるみだからか)。
彼らだって宇宙船を製造するほどの科学力、経済力があるのだから、カーク船長だけがメトロンの提示した「武器になるものは全て地表にある」を理解するというのは、物語に恣意性を感じてしまうが…
まっ、そんなこと言い出すと物語が成立しないか。
ちょっと米国気質への偏見が強すぎるな、最近は…

スタートレック/怪獣ゴーンとの対決.jpg
スーパー!ドラマHPより

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント