0コメント

【DVD鑑賞】絶叫する地球/ロボット大襲撃

絶叫する地球/ロボット大襲撃
 制作年  1964年
 監督   テレンス・フィッシャー
 出演   ウィラード・パーカー、ヴァージニア・フィールド、
      デニス・プライス、ソーリー・ウォルターズ、
      ヴァンダ・ゴッドセルほか
 劇場公開 劇場未公開
 録画日  DVD形式 2020年11月9日
 鑑賞年月 DVD形式 2020年11月


 まぁ、そんなに期待していたわけではないけれど…
物語的にも映像的にも、ちょっと残念過ぎる作品だった。
テレビムービーなんだろうなぁ、上映時間的にも。
イギリスが制作国のわりには、内容が乏し過ぎだ…

たぶん…
よく分からないけれど…
宇宙から謎のロボット軍団がやってきて、地球侵略を開始した。
未知空間の恐怖/光る眼(1960年)」のようにバタバタと人が倒れて死んでいるのだが、女性たちが懐妊したら皆生き返るような場面はない。
なぜか生き残った軍人らしき男が町を徘徊(パトロール?)。
数人の人物が生き残っていた。
ロボットが生存者を殲滅するため(だと思うが)、町をパトロール(徘徊?)。
生き残った彼らとロボットたちとの攻防戦が描かれる。

まぁ、こんな流れだ。
ロボットのデザインは、1964年的には悪くないと思う。
でも、動きが…
なぜ、こんな徘徊老人のように鈍いんだ?
無線でコントロールされていて自律型の行動がとれないのか?
当時は、これほどゆっくりと迫られるほうが恐怖の演出としては効果的だったのか?

1時間チョイの上映時間なので難しかったのかもしれないが、もう少し生き残りメンバーの人間関係を丁寧に描けなかったものか?
せっかく若い夫婦の出産物語をエピソードとして盛り込んだのだから…

幕引きも、やや唐突だなぁ。
「ロボット大襲撃」のサブタイトルはいいけれど「絶叫する地球」って…
原題も「THE EARTH DIES SCREAMING」だから、間違っちゃぁいないけれどねぇ。

好きな人は好きなんだろう。
全然、面白くなかった…トホホ

絶叫する地球 ロボット大襲撃 [DVD] - ウィラード・パーカー, デニス・プライス, バージニア・フィールド, ソーリー・ウォルターズ, バンダ・ゴッ  ドセル, テレンス・フィッシャー
絶叫する地球 ロボット大襲撃 [DVD] - ウィラード・パーカー, デニス・プライス, バージニア・フィールド, ソーリー・ウォルターズ, バンダ・ゴッ ドセル, テレンス・フィッシャー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント