0コメント

【Netflix鑑賞】スタートレック/ゴトス星の怪人

スタートレック/ゴトス星の怪人
 制作年  1966年
 監督   ロバート・ギスト
 出演   ウィリアム・シャトナー、レナード・ニモイ、デフォレスト・ケリー、
      ジョージ・タケイ、ニシェル・ニコルズ、ジェームズ・ドゥーアン、
      ウィリアム・キャンベル、リチャード・カーライル、ベニタ・ウルフ、
      ジェイムズ・ドーハンほか
 劇場公開 劇場未公開
 鑑賞年月 Netflix鑑賞 2020年11月


 あらら、手に負えなくなって一段上の者で解決って…
セイサス星から来た少年(1966年)」みたいだな。

エンタープライズは補給物資を積んでベータ6植民星へ向かっていた。
すると突然前方に未確認の惑星が現れ、と同時にスールーとカーク船長がブリッジから消えてしまった。
スポックは何者かの仕業でこの謎の惑星に転送されたに違いないと考え、マッコイたちを捜索隊として惑星に派遣することにした。
調査では、この惑星は生命が存在できる状態ではないのだが、不思議に極めて狭い地域だけが地球と全く同じ生息可能な環境条件だったのだ。

調査隊が降り立つと、地表には森が広がり呼吸できる空気もあった。
そして中世風の建物が建っており、中に入るとカークとスールーが蝋人形のように固まっていたのだった。
突如、トリレーンと名乗る人物が現れ二人も凍結(?)から解放された。

彼が語るには地球人を歓迎するため地球環境を再現したのだという。
だが、この惑星は地球から900光年も離れておりトリレーンが見た地球は15、6世紀だったので、この時代錯誤の風景になったのだった。

その後もトリレーンの不思議な歓待は続くが、自己中心的で歓待と言うより我儘やんちゃ坊主の独りよがりのお遊びのように思われる。
マッコイが秘かにトリレーンをモニターすると、なんと生命反応が無かった!
トリレーンは物質とエネルギーを自在に転換する装置によって地球環境を作ったというが、彼自身も作られた物質に過ぎなかったのだ。

上陸班の位置を確認したスポックによって全員エンタープライズに帰還、即刻この場を離れ任務に戻ろうとしたカーク船長だったが…
ブリッジにトリレーンが現われ「まだ歓待している途中だ」と駄々をこね、再び惑星上に連れ戻されるメンバーたち。
豪華な食事も用意されているしウフーラにオルガンを演奏させたり、別の女性乗務員を欧州貴族のように着飾ったり、やりたい放題でご満悦のトリレーン。

だが堪忍袋の緒が切れたカーク船長。
中世の規則に則りトリレーンに決闘を申し込む。
カーク船長の目的は決闘でトリレーンを倒すことではない。
なにしろ彼自身が作りものなのだから。
トリレーンが自在に人を操ったり物を創出したりする脳波操作と物質変換装置を破壊することであった。
彼が常に鏡を意識しているので、鏡の向こうに装置があると睨んだカーク船長。
見事、装置の破壊に成功し三度エンタープライズに戻るのだが…

今度はトリレーンがブチ切れる。
カーク船長だけを惑星上に連れ戻し、中世の裁判(なのかどうかは歴史家ではないので分からないけれど、例のカツラ姿になっている)形式で断罪する。
歓待してやったのに態度が悪いって…
いやぁ、トリレーン君、そりゃないんじゃない?
相手のあることだよ、もっと大人の対応しようよ…
などと思っていると、カーク船長大ピンチ!
えーっ!このままじゃ、殺されちゃうよ!

じゃーん!ここでトリレーンの両親登場。
「甘やかして育てたので、迷惑をかけることになって申し訳ない」と謝罪して嫌がるトリレーンをどこかへ連れて立ち去って行った…

あらま、広げた風呂敷を閉じるやり方としては禁手じゃないの?

スタートレック/ゴトス星の怪人.jpg
スーパー!ドラマHPより

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント