0コメント

【Netflix鑑賞】スタートレック/宇宙基地SOS

スタートレック/宇宙基地SOS
 制作年  1966年
 監督   ポール・シュナイダー
 出演   ウィリアム・シャトナー、レナード・ニモイ、デフォレスト・ケリー、
      ジョージ・タケイ、ニシェル・ニコルズ、ジェームズ・ドゥーアン、
      ポール・コミ、ステフェン・マイルズ、ゲイリー・ウォルバーグ、
      マーク・レナードほか
 劇場公開 劇場未公開
 鑑賞年月 Netflix鑑賞 2020年11月


 初めてロミラス(ロミュラス?)星人が登場するエピソードである。
宇宙船同士の本格的な戦闘も初めてじゃないのかな?
まぁ、しかし…
後の「スターウォーズ」シリーズのような戦闘が繰り広げられるわけではない。
むしろ互いの船長同士の心理戦を描く感じ。
特撮技術的な課題もあったのかもしれないけれど、ちょっと残念。
もっともエンタープライズって戦闘用の宇宙船じゃないから、武器も前方のフェイザー砲だけなので迫力あるバトル映像は期待できないかもしれない。

ロ三ラス星との間には中立地帯がある。
この中立地帯は前世紀のロミラス・地球間核戦争以降に設けられた。
両社のいずれか一方が侵入すれば宣戦布告になると定められていた。
この戦争は双方とも全員戦死という戦いだったため、現在は互いに敵の姿すら分からず相手を残酷な怪物と信じて疑わない…という悲惨な歴史があると説明されていた。

ピッカード艦長版だったか新作映画シリーズだったか忘れてしまったが、ロ三ラス星人との戦闘が描かれた作品があったな。
調べるのも面倒(それほどスタートレックのファンではないし)なので、おぼろげな記憶だけれど過去にそんな因縁があったのか。

本作、気のせいかもしれないけれど潜水艦同士が戦っているような印象がある。
相手の後ろを同じように追跡すれば自分たちの姿が反射したように思うはずとか、船長同士の腹の探り合い、互いの部下とのやり取り等々から、そう感じたのだが…
もっとも潜水艦映画は、ほとんど観たことがないので違うかもしれないな。

敵方の船長が現われた時、「えっ?スポックの仲間?」と思ってしまった。

スタートレック/宇宙基地SOS.jpg
スーパー!ドラマHPより

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント