0コメント

【BD鑑賞】MYTHICA/ミシカ/帝王の逆襲

MYTHICA/ミシカ/帝王の逆襲
 制作年  2016年
 監督   ジョン・ライド
 出演   メラニー・ストーン、アダム・ジョンソン、
      ジェイク・ストーモーン、ニコラ・ポースナー、
      マシュー・マーサー、クリストファー・ロビン・ミラーほか
 劇場公開 劇場未公開
 録画日  BD形式 2018年2月3日
 鑑賞年月 BD鑑賞 2020年9月


 残念な出来映えだったにもかかわらず、続編を録画してしまった。
録画した以上は観なくてはなぁと思いながらも、ついつい間が空いてしまった。
BDディスクを手にしながら、何度も「次でいいか」と思ってしまった。
メラニー・ストーンのファン以外は観てもあまり面白くないだろうなぁ。

最近、「ボーン」シリーズを続けざまに再鑑賞した。
それで思ったことが、やはり続きものは連続して観ないと面白さが削がれるということである。
記憶保持力が弱い自分は、その傾向が特に強いことを実感した。
本作もまさにそうで、弓矢の戦士デーゴンがコソ泥だったことや、女神が宿ったティーラが妹だったこと、猛者の剣士剣士セインと恋仲だったことなど、すっかり忘れていた。

しかも、そのことは観ている間も思い出せずに続編の「MYTHICA/ミシカ/ファイナル・ウォーズ(2016年)」鑑賞後に、前3作の鑑賞記録を読み返して思い出すという情けなさであった。
うん。やっぱり記憶より記録だな。

もっとも邪悪な魔術師ゾアロクとマレクの直接対決があったはずだが、その結末は思い出せないでいる。
どうせ続くになって本作に繋がるのだと思うけれど、場面として映像は浮かなない。
観賞記録に書いていないから、致し方ないけれど…

 さて本作。
前作のラストを思い出さないわりには妙な唐突感のある始まりだなと思う。
何やらスチームバンクっぽい戦車(?)に村から逃げ出した人々が乗っていて、その戦車をマレク、デーゴン、セインが襲う。
あぁ、ダークスポアという魔力を持った石を奪い返すためだった。
「帝王の逆襲」というのはダークスポアを巡る争いのことか?
でも魔術師ゾアロクってダークスポア以外の石は手中に収めているはず。
逆襲て感じではないよなぁ。

そういえば村人の中に、正確の悪そうな王女的な女性が乗っていた。
物語の展開に何か気ワード的な役割を果たすのかと思いきや…
この戦車の奪取シーン以外は登場しない。
実は、お姫様好きとしては善人でも悪人でも何かあると期待したのだけれど…

奪取に成功したダークスポア(実際は4つの欠片に割れていて、3つはゾアロクの手に)をゾアロクの手の届かない女神の神殿に欠片を収めようと旅をすることに。
だが、それで本当にゾアロクの野望を阻止できるのか?
ゾアロクはダークスポアの闇の力で神を倒し、自分自身が世界を牛耳るつもりだ。

この神々とぞアログの争いの因縁めいた話は、前3作で語られたのかな?
思い出せない。
そしてマレクたちは、ダークスポアを破壊できる唯一の武器「テック神の槌(ハンマー)の存在を知る。
槌を手にするには、ドワーフの王の証である王冠が必要なことも分かる。
うーん、やや唐突だなぁ。
しかもドワーフの王になりたがっている人物と賢者ゴージュンは因縁浅からぬ仲…

寝落ちしたのかなぁ、マレクはゾアロクにダークスポアの欠片を渡し、代わりに王冠を手にする取引を行う。
そうしないと仲間が殺されちゃう?賢者ゴージュンを救うため?

こうしてマレクは王冠を手にテック神のハンマーを探すためデーゴンと二人、死の世界の入口に向かうことに。
セインはディーラと共にゾアロクんp攻撃を防ぐことに。
つ・づ・く。

なんだかなぁ…
マレク、魔術師なんだよなぁ。
ほとんど魔術使わないけど…
なんとなく作風が変わったように感じるのは監督が代わったから?

MYTHICAミシカ ~帝王の逆襲~ [DVD] - メラニー・ストーン, アダム・ジョンソン, ジェイク・ストルモーン, ニコラ・ポースナー, マシュー・マーサー, ジョン・ライド
MYTHICAミシカ ~帝王の逆襲~ [DVD] - メラニー・ストーン, アダム・ジョンソン, ジェイク・ストルモーン, ニコラ・ポースナー, マシュー・マーサー, ジョン・ライド

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント