0コメント

【DVD鑑賞】ナタリー

ナタリー
 制作年  2011年
 監督   ダヴィド・フェンキノス、ステファン・フェンキノス
 出演   オドレイ・トトゥ、フランソワ・ダミアン、
      ブリュノ・トデスキーニ、メラニー・ベルニエ、
      ジョゼフィーヌ・ドゥ・モー、ピオ・マルマイほか
 劇場公開 劇場未公開
 録画日  DVD形式 2014年2月23日
 鑑賞年月 DVD鑑賞 2020年8月


 オドレイ・トトゥ狙いの鑑賞。
「お久しぶりです、不思議姐さん」という感じかなぁ。
あるいは大人になったアメリ姐さんか。

ナタリーの恋人との劇的な出会いから結婚までが、ショートフィルムのように描かれ映画は始まるのだが、夫となったイケメン君、まさかの交通事故で死亡!
打ちひしがれ仕事に埋没するナタリー。
彼女が選んだ第二の恋、人生とは?
という流れの物語。

アメリ(2001年)」から、ちょうど10年。
なにやら原点回帰のような不思議ちゃん。
社内で一番冴えない男に、突然のキス!
その唐突感に男はビックリ。
でもオドレイ・トトゥだもんなぁ、まんざらではない。
一方の彼女、彼女自身も自分の行為にビックリ仰天。
全然タイプでもない彼に、「心はない、魔が差した」と告げる。

そりゃ、そうだろうなと彼も納得。
ただ突然の行為の落とし前をつけろとばかりに、最初で最後のお食事デート。
あれれ?なんだかコイツ、いい奴かも…

不器用で女子に奥手な男子(フランス人なのに!)には、魔法のような恋物語。
現実にはあり得ない!と思ってしまったら、もう先には進めない。
ハリウッドが描く大仰でコミカルな恋愛物語ではなくペーソス感が、泉のように湧き溢れるホンワカとしたムードが堪らない作品。
そしてまた、この不思議姐ちゃんのオドレイ・トトゥが素敵なこと。
コミカルさはどこにもないのだけれど可笑しみがある。
オドレイ・トトゥの魅力全開、「アメリ」、「愛してる、愛してない…(2002年)」、「プライスレス/素敵な恋の見つけ方(2006年)」に引けを取らない魅力的な作品ではないかと思う。

ま、現実には無い話だとしても、悪くない物語ではある。

ナタリー [DVD] - オドレイ・トトゥ, フランソワ・ダミアン, ブリュノ・トデスキーニ
ナタリー [DVD] - オドレイ・トトゥ, フランソワ・ダミアン, ブリュノ・トデスキーニ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント