0コメント

【BD鑑賞】戦慄の誘惑

戦慄の誘惑
 制作年  2015年
 監督   ロブ・コーエン
 出演   ジェニファー・ロペス、ライアン・グスマン、
      ジョン・コーベット、イアン・ネルソン、
      クリスティン・チェノウェスほか
 劇場公開 劇場未公開
 録画日  BD形式 2017年8月27日
 鑑賞年月 BD鑑賞 2020年8月


 うーん、犯人やヒロインのキャラクター、登場人物、舞台設定は違うけれど「イナフ(2002年)」と同系列のストーカーものだった。
DVDジャケットの雰囲気と邦題からホラーサスペンスかなぁと思ったのだけれど…
残念(でもないか)、ホラーでもサイコでもなかった。

夫の浮気で別居中のヒロイン。
息子(高校生)と暮らしている。
夫は行動を反省、ヨリをもどそうとしているが妻はお悩み中といった感じ。

隣家に甥っ子だという若者が引っ越してくる。
親が交通事故で亡くなったので大伯父の元へ引き取られたということだ。
大伯父は、病で入院のため早めに退場する。
若者は二十歳らしいが、息子の高校に編入。
面倒見がよいので仲良くなる。
なんだか「悪魔の恋人(1996年)」的な流れだな。

でもって夫と揉めている心の隙間に、この若者が入り込んできて…
おや、まぁ、一夜を伴にしてしまう。
一夜の間違い…ってことなのかな。
ところが隣人君、彼女のオネツで燃え上がっちゃう。
拒絶されたものだから本性を現し、息子を巧みに洗脳するワ、夫をも殺害しようとするワ、もう、最後はやりたい放題である。

ラストは家族三人で力を合わせて窮地を脱し、
一度の過ちは互いを赦しメデタシ、メデタシなんだけれど…
うーん、「イナフ」に比べて展開にパンチがないなぁ。
ストーカーものになれちゃったのかな?
案外、捻りのない展開だし。

まぁ、ジェニファー・ロペスは相変わらずお綺麗で何より。
あ、スターチャンネルの放映時、「ジェニファー・ロペスの~」と冠がついていた。
どうだろう、2015年じゃ、神通力なさそうだけれど…

ジェニファー・ロペス 戦慄の誘惑 [Blu-ray] - ジェニファー・ロペス, ライアン・グスマン, ジョン・コーベット, イアン・ネルソン, レクシー・アトキンズ, クリスティン・チェノウェス, ロブ・コーエン
ジェニファー・ロペス 戦慄の誘惑 [Blu-ray] - ジェニファー・ロペス, ライアン・グスマン, ジョン・コーベット, イアン・ネルソン, レクシー・アトキンズ, クリスティン・チェノウェス, ロブ・コーエン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント