0コメント

【DVD鑑賞】IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。
 制作年  2017年
 監督   アンディ・ムスキエティ
 出演   ジェイデン・リーバハー、ビル・スカルスガルド、
      ジェレミー・レイ・テイラー、ソフィア・リリス、
      フィン・ウォルフハードほか
 劇場公開 2017年11月
 録画日  DVD形式 2018年7月16日
 鑑賞年月 DVD鑑賞 2020年7月


 予告編を観ながら、どうしようかなと迷った作品。
ピエロものって嫌いじゃない。
恐怖の象徴としてのピエロまたはクラウン…
それにスプラッター系のホラーではなさそうだしと思ったので、観ようかなと。
でも師と仰ぐ映画博士A氏へ鑑賞予定作品として報告していないところをみると、やっぱり途中でDVD鑑賞でいいやと思ったのだろう。
基本、ホラーは苦手だし、知っている女優もいない。

あっ、でもヒロインのベバリーを演じたソフィア・リリス。
ぱっと見がジャネット・リンに似ている気がして可愛らしい。
続編の「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年)」は、彼女狙いの鑑賞だな。
でもエンドロールで第一章ってなってたよなぁ。
タイトルに「THE END」なんかつけちゃって第二章で終わり?
そんなことはないだろう。

実は思っていた展開とは少し違っていて、意外に面白かったというのが素直な感想。
スティーヴン・キングの原作小説が面白いということなのだろう。
1990年に一度映画化(テレビムービー)されている。
そういえばピエロの顔のDVDラベルを見たことあるな。
スティーヴン・キングとピエロとホラーで悩んで、ホラーが打ち勝ち諦めたかな。
何年前のことかは忘れたが…
ホラー耐力も十分に備わったのだから、そちらを先に観るべきだったかもしれない。

 人の心の弱さに付け込む不気味なピエロ、ペニーワイズに翻弄される少年少女たちを描いているが、恐怖に逃げ惑うというより立ち向かってゆく展開である。
冒頭は、兄ビルに作ってもらった紙の船を追いかけた弟のジョージーが、排水溝に潜むピエロに捕まって闇の中に引き込まれて死ぬというシーンから始まる。
のっけから「それ」の姿(顔だけだけれど)が見える演出は悪くない。
その日は大雨で風邪で寝込んでいたビルは、一緒に遊びに行けないジョージーに折り紙の船を作って渡したのだった。
この兄弟愛も後の展開に活かされているし、排水溝が「それ」の登場場所というのも子供たちにとっての恐怖の象徴を表していて、とてもよいと思う。

それから数ヶ月後、場面は夏休み前の学校。
主人公たちのキャラクターや立場紹介のシーンが展開される。
どうやら「虐められっ子たち=ルーザーズ」のようだ。
ビルは冒頭に登場、黒人のマイク、おしゃべりなリッチー、病弱なエディ、ユダヤ人のスタンリー、ワルと噂されているベバリーは紅一点の6名がメンバー。
最初は、順番に「それ」に殺されてゆく展開なのかなと思ったのだが…

虐めっ子の不良3人組との揉め事やら、それぞれの家庭問題やらのエピソードは続編に繋がるものなのだろう。
本作では詳しく掘り下げられていない。
本作は、どうやら大人たちには見えない「それ」を自分たちがやっつけないと、27年後に再び「それ」が現れ子供たちが犠牲になるということで立ち向かってゆく。
多少の紆余曲折はあるが、それを乗り越えて仲間として結束する展開は悪くない。
このおかげでホラー映画が苦手な自分も、それなりに楽しめた。
エンディングを含めて少年少女成長物語みたいでよかった。
ホラー版「スタンド・バイ・ミー(1986年)」かな。

そうか、続編は27年後ということで皆大人になってるんだ。
な、なんとベバリー役はジェシカ・チャスティンじゃないか!
こりゃ、ソフィア・リリスじゃなくって、ジェシカ・チャスティン狙いだ。
ちぇっ、知っていれば劇場に足を運んだものを。
って、チェックが甘いのぅ、追っかけ女優じゃにのかいっ!

おや、テレビムービーからも27年後ってこと。
狙っての制作なのかな?
そうだろうなぁ、きっと。

IT/イット "それ"が見えたら、終わり [Blu-ray] - ビル・スカルスガルド, ジェイデン・リーバハー, ソフィア・リリス, ジェレミー・レイ・テイラー, フィン・ウォルフハード, アンディ・ムスキエティ
IT/イット "それ"が見えたら、終わり [Blu-ray] - ビル・スカルスガルド, ジェイデン・リーバハー, ソフィア・リリス, ジェレミー・レイ・テイラー, フィン・ウォルフハード, アンディ・ムスキエティ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント