0コメント

【BD鑑賞】夜逃げ屋本舗2

夜逃げ屋本舗2
 制作年  1993年
 監督   原隆仁
 出演   中村雅俊、益岡徹、高木美保、中島陽典、風間杜夫、
      松居一代、中山忍、細川俊之、柴俊夫、余貴美子、
      辰巳琢郎、広田玲央名、川崎麻世、螢雪次朗、本郷功次郎ほか
 劇場公開 1993年5月
 録画日  BD形式 2016年5月29日
 鑑賞年月 BD鑑賞 2020年5月


 「夜逃げ屋本舗(1992年)」の続編である。
そりゃ、タイトルを見れば分かりますっってことだけれど、前作の公開当時のことは詳しく憶えていないのだが、かなり話題になったはず。
時流に乗った作品とも言えるわけで、ノリで続編作ってみました…
というわりには、よくできていると思う。
まぁ、前編・後編的な作りまでは必要なかったかなと思うけれど…
前作でも話題になっていたけれど、貸す側の論理、借りる側の論理、夜逃げ屋の論理が深堀されていて面白かった。

 夜逃げ屋さんたち、ちょっと懲りたのか(大竹しのぶに圧倒された?)、本作では夜逃げ屋ではなく「自己破産代行業」みたいなことをやっている。
自己破産手続きのお手伝いを通じて、借金苦にあえぐ人々を救おうという訳である。
ここに登場するのが、気の弱い町金融の社長さん(風間杜夫)である。
彼は人情味が篤いけれど気も弱い。
いつも借金の取り立てに苦労しているのだが、元夜逃げ屋本舗の手引きで自己破産する顧客が増え、ついに彼自身が会社は倒産、自己破産をする羽目になるのだった。

だが実は、この倒産劇には別の目論見が企てられていた。
表に出られない不良債権取り立て業者の男(細川俊之)の陰謀による、計画倒産の側面もあったのだ。
実はこの男と気弱な男は同じ町金融で働いていた。
取り立て方針を巡って細川俊之は先代と袂を分かったのだが、おそらく風間杜夫の妻(先代の娘)を巡ってもひと悶着があたのだろう。

会社を乗っ取り表向きも金融業となった細川俊之だったが、大手銀行からの不良債権買取による違法な取り立ては続けていた。
遂には風間杜夫に生命保険までかけ「借りたものは死んで返せ!」と迫るのだった。

 自己破産の手続きについて、面白おかしく描写されている。
ただ、借りるだけ借りてあとは自己破産すれば済むという行為を助長しているような気分で、どちらかといえば悪役の細川俊之のロジックを応援したくなるが…
まぁ、彼らの行為はエゲツナイ。
自己破産した人たちに「法律は許してもお天道様は許しませんよ」と迫るのだが、そのやり口がヤクザである。
この取り立てリーダーが柴俊夫。
へぇ、若い頃は、こんな悪役も演じていたんだ。

自殺を試みた風間杜夫を見て元夜逃げ屋本舗さんたち、本業回帰!
見事夜逃げに成功するが「これで済むと思うなよ!」と凄む細川孝之、「そっちこそ楽しみにしていな」と返す中村雅俊。
うーっ、どうするんだ?夜逃げ屋本舗さんたち。
ロジック的には、どっちもどっちだけれど、やっぱり悪党細川をギャフンと言わせて欲しいなと思ったりする。

同じ日に録画した「夜逃げ屋本舗3(1995年)」が見つからない…
整理が悪いなぁ。
さあ、どうする!頼みのNetflixにはないぞ!

夜逃げ屋本舗2 [DVD] - 中村雅俊, 益岡徹, 風間杜夫, 細川俊之, 高木美保, 原隆仁, 中村雅俊
夜逃げ屋本舗2 [DVD] - 中村雅俊, 益岡徹, 風間杜夫, 細川俊之, 高木美保, 原隆仁, 中村雅俊

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント