0コメント

【BD鑑賞】のら犬作戦

のら犬作戦
 制作年  1963年
 監督   福田純
 出演   三橋達也、藤木悠、夏木陽介、佐藤允、
      平田昭彦、田崎潤、田島義文、団令子ほか
 劇場公開 1963年9月
 録画日  BD形式 2017年10月15日
 鑑賞年月 BD鑑賞 2019年7月


 「蟻地獄作戦(1964年)」と鑑賞順が逆になってしまったが、
まぁ、シリーズものではあるけれど続き物ではないので支障はない。

今回は中国戦線の前線で戦死した日本軍の大隊長が、
秘かに隠し持っていた軍資金調達のためのお宝をめぐって、
敵味方双方が入り乱れ熾烈な争奪戦を繰り広げる物語である。

このお宝というのが大量の阿片。
阿片戦争で苦しんだ中国で、この時期に阿片が軍資金になるのかな?
と思ったけれど、麻薬ということを思えば関係ないかもしれないな。

この阿片を、あるいは軍資金をということになるのか、日本軍の悪い奴と中国の王虎軍の悪い奴が奪い合うのだけれど、行方がよく分からない。
なにしろ戦死した大隊長が保管場所を部下に明かしていない。

さらに日本軍には、どうも怪しいということで後任の大隊長が動いている…
この点は最後にどんでん返し的に秘密が明かされるが、もう少し事前にリークしておく演出のほうがよかったのではないだろうか。

一方、中国側も一枚岩ではない。
王虎軍の隊長(?)は阿片中毒で幽閉状態。
部下が内紛を起こして日本軍から阿片を奪おうとしている。
隊長の娘も別な理由で阿片を探し求めている。
さらに日本軍の呑兵衛医者も、怪しさが足りないけれど平田昭彦たちとは別に
阿片を狙っているようだ。

ということで三つ巴、四つ巴の争奪戦、果たして阿片は誰の手に?
という流れではあるけれど謎解きも宝探し的な要素も薄味。
やっぱりお気楽な痛快戦争活劇が繰り広げられる。
でも、ちょっとパターン化してきた感は否めないかな。

今回のヒロインは団令子。
ん?あんまり熱心に注目していた女優さんではないけれど、
イメージ的にはもっと美人系だったのだけれど…

のら犬作戦.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント