0コメント

【DVD鑑賞】永遠のキス(くちづけを探して)

永遠のキス(くちづけを探して)
 制作年  2003年
 監督   ゴーマン・ビチャード
 出演   フランソワーズ・シュレル、テレンス・スタンプ、
      エリザ・ドゥシュク、ビリー・ゼインほか
 劇場公開 劇場未公開
 録画日  DVD形式 2006年6月15日
 鑑賞年月 DVD鑑賞 2006年6月頃、2018年7月


 MMシアターのMさんのお店に2017年入店した映画にやたら詳しいS女史。
映画話に花が咲くので、実に楽しい時間を過ごせる。
お店は辞めてしまったが、今も時々映画話をさせてもらい、楽しい時を共有する。
MMシアターMさんの採用眼に感謝しよう。

記憶では、最近は純粋な恋愛映画を観なくなった、数も少なくなってきた…といったような話をしていたのではないかと思う。
そういう流れで本作を持ち出すと、さすがのS女史も知ら無い作品だった。
ちょっと嬉しい。

ぜひ観てもらいたいなと思ったのだが、
調べるとDVD化もビデオ化もされていないようだ。
仕方がないので録画したスターチャンネル版を提供した。
まだ感想は聞いていないのだが、実は自分自身も内容を忘れていた。
鑑賞したのは2006年頃だが、5年後の2011年に書いた鑑賞記録にも具体的な場面、映像は浮かんでこないと…
こりゃ、再鑑賞するしないとS女史と話ができないと思い、慌てて再鑑賞してみたのが2018年7月の話である。
そういえば本作の話を聞かずに時が流れている。
お互いに忘れちゃってるということだろう。
今度、訊いてみるか…忘れなければ。

 ヒロインは本を愛する新任編集長のキャル。
ある日、前任者が残した未完成の原稿を発見する。
タイトルは「The Kiss」。
フィリップという若者とクレアという女性のラブストーリーだが、
原稿は未完成だった。

まぁ、これが未完成の傑作恋愛小説ということで、女性社長(?)の反対を押し切って原作者を探す旅に出たキャルだったが、果たして彼女は原作者を探し当て、未完の傑作を完成させることができるのか?
という流れなのだが、そのことはテーマではない。

この小説の物語と自分自身の恋愛とが絡み合いながら、キャルが素敵な恋を手にするという話で、まぁ、悪くはない作品かなと思う。
ただ小説の恋愛と現実の恋愛をフランソワーズ・シュレルとビリー・ゼインの二人に二役で演じさせたアイデアが、うまく感動に繋がったとは言い難いところが惜しい。

それでも最初の鑑賞時は、巧くは言えないのだが、素敵なラブストーリーに
感じたのである。
だからこそS女史にも紹介したのだけれど…
いったいどこに感動したのか、よく分からなくなってしまった。

 話は横道にそれてしまうが、ヒロインキャルを演じているのが
フランソワーズ・シュレルという女優さん。
今回の再鑑賞では、彼女の美しさに打ちのめされた。
スタイルも抜群で、どうして大ブレイクしないのか?
不思議なほどである。

もう一つ思ったのは、自分がショートヘアー好き、ということを再確認したこと。
そのことは「ギルバート・グレイプ(1993年)」で触れた。
フランソワーズ・シュレル、ショートヘアーだけでなく口元が艶があって
エロスがあるななぁ。
タイトルから(原題は「The Kiss」)選ばれたキャスティングなのかも知れない。

そうそう、劇中小説の原作者フィリップを演じたのはテレンス・スタンプであるが、
キャルと二人で浜辺の家の窓辺で小説について語り合うシーンを記憶していたのだが残念、そのような場面はなかった。
どんな映画の別場面と混ざって捏造された記憶なのか?
テレンス・スタンプって「スーパーマン2(1981年)」のゾッド将軍だよなぁ。いい感じで齢を重ねて渋みがある。

脇役といえば、キャルとルームシェアしている友人役のエリザ・ドゥシュクも、
いい味を出している。
スタイルもフランソワーズ・シュレルに負けていない。

ビリー・ゼイン、こんないい男役は似合わないなぁ。
やっぱり、ダメダメ悪役じゃないと…

ちなみに、WOWOWでも放映されたらしく、
その時のタイトルが「くちづけを探して」だったらしい。
まぁ、初見の感動は薄れてしまったが、嫌いなタイプの作品ではない。
フランソワーズ・シュレルの美貌を楽しむだけでも損はない。
DVD化されないかなぁ。

最後に、急に思い出した。
本作をS女史に提供した時、すぐ最初の鑑賞記録を見直したのだが、
記事にするのを忘れていたのだった。
そうか、それで話をするのも忘れちゃっていたのか。
まっ、今更の話だな…

永遠のキス.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント