0コメント

【BD鑑賞】LOFT/ロフト 完全なる嘘

LOFT/ロフト 完全なる嘘
 制作年  2010年
 監督   アントワネッテ・ブーマー
 出演   バリー・アトスマ、フェジャ・ファン・フェット、
      イェロン・ファン・コーニンスブルッヘ、
      ハイス・ナバー、ヒコ・ケンザリほか
 劇場公開 2012年4月
 録画日  BD形式 2017年1月15日
 鑑賞年月 BD鑑賞 2018年3月


 フランス映画「ロフト(2008年)」のオランダ版リメイク作品である。
ハリウッドリメイクが「パーフェクト・ルーム(2014年)」、
監督自身のセルフリメイクでもある。

「ロフト」の鑑賞記録にも書いたが、一連の作品群では本作の録画が一番早い。
本作(2017年1月)→「パーフェクト・ルーム(2017年5月)」→「ロフト(2017年6月)」という順で録画した。
なんとなく腑に落ちない録画順だなぁ。
しかも本作のことは、録画したことさえ忘れていた。
あわてて鑑賞したというのが正直なところである。

台詞まで、ほとんど一緒のリメイクである。
サイコ(1960年)」と「サイコ(1998年)」と
同じ程度にリメイクされている。
ただ「サイコ(1998年)」のリメイクには、ガス・ヴァン・サント監督の屁理屈というか拘りの論理があったが、本作はどうなのだろうか?
メイキングを観ていないので分からないが、何もなさそうである。

ロフトのベッドで殺された女性が一番可哀そうな存在だが、そのあと繰り広げられるどんでん返し系のストーリーは、さすがに三度目ともなるとアラが目立つかなぁ。
分かって観ているせいもあるだろうけれど、真犯人(?)の行動って、
最初から目線を含めて怪しさプンプンだ。
オランダ版だけかな。

まぁ、3作のうちどれか一つを観て仰天の結末に、驚くだけでよいかなぁと思った。
個人的にスマートさが好きなので、お薦めはハリウッド版だろうか。

LOFT~完全なる嘘(トリック)~ [DVD] - バリー・アトゥスマ, フェジャ・ファン・フエット, イェルーン・ファン・コーニングスブリュッヘ, アントワネッテ・ベウメル
LOFT~完全なる嘘(トリック)~ [DVD] - バリー・アトゥスマ, フェジャ・ファン・フエット, イェルーン・ファン・コーニングスブリュッヘ, アントワネッテ・ベウメル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント