0コメント

【BD鑑賞】コズミックフロントNEXT/太陽系最大の惑星 木星の謎に挑む

コズミックフロントNEXT/太陽系最大の惑星 木星の謎に挑む
 制作年  2017年
 録画日  BD形式 2017年
 鑑賞年月 BD鑑賞 2017年5月


 2016年7月、アメリカNASAの探査機ジュノーが木星に到着し、
周回軌道に入り観測を始めた。
あら、そうだったのか。

観測の主な目的は、木星の内部を調べること。
木星は巨大なガス惑星である。
そして地球の質量の300倍以上という巨大惑星の
組成や生い立ちなどを明らかにすることである。
木星には核が存在するや否や?

さらに地球の約100倍も明るく輝くオーロラや、
最初の発見から350年続くとされる大赤斑の動きなど、
数々の謎にも迫ってゆくらしい。
そうか、大赤斑って超巨大な嵐だったのか。

木星の生い立ちを明らかにした日本人科学者いる。
普段よく耳にするガスや塵から星の源ができて、それがさらに集まり衝突を
繰り返して核になって周囲のガスを集めて木星になったという説だが、
これに異を唱える科学者もいるという。
この理論だけでは、木星ができあがるまでに時間がかかりすぎ、
現在の太陽系の年齢に合わないらしい。

他にもいくつか説が提唱されていて、探査機ジュノーの最新データが
真実を明らかにすると期待されているらしい。
ジャッジメント・デイがやってくるということだ。
日本人科学者の「自分たちの説のとおりであってほしい」という言葉が、
妙に切なく同時に微笑ましかった。
結論は、もう少し後のようである。

さらに次の探査衛星の打ち上げも計画されており、こちらはガニメデやエウロパといった衛星に生命の痕跡を探そうということのようである。
いやぁ、この先10年が楽しみである。

今回の番組内容は、ミスリードというか思い込みが少なくて、久しぶりに番組本来の趣旨に沿ったものではなかったと思う。
こうやって視聴者をワクワクさせてくれなくては。

「太陽系最大の惑星 木星の謎に挑む」 - 萩原聖人, 礒野佑子, 宗矢樹頼, 植竹香菜, 樫井笙人
「太陽系最大の惑星 木星の謎に挑む」 - 萩原聖人, 礒野佑子, 宗矢樹頼, 植竹香菜, 樫井笙人

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント