0コメント

【DVD鑑賞】しあわせの雨傘

しあわせの雨傘
 制作年  2010年
 監督   フランソワ・オゾン
 出演   カトリーヌ・ドヌーヴ、ジェラール・ドパルデュー、
      ファブリス・ルキーニ、カリン・ヴィアール、
      ジュディット・ゴドレーシュ、ジェレミー・レニエほか
 劇場公開 2011年1月
 録画日  DVD形式 2012年2月4日
 鑑賞年月 DVD鑑賞 2017年5月


 カトリーヌ・ドヌーヴの赤いジャージ姿が印象的なジャケット。
5年前の録画、遅ればせながらのドヌーヴファンということで鑑賞。
まぁ、いずれにしても彼女狙いの録画ではある。

舞台は1970年代。
資本家と労働者が対立する社会構造。
あぁ、忘れていたけれど日本もそうだった。
首都圏では、毎年春闘で電車がストで止まっていた。
勤務していた会社も、4月末から5月にかけてストライキをやっていたなぁ。
1974年、新入社員だった自分は「5月、休みが増える」と呑気なものだった。
世代的にはノンポリだったから、労働運動にも参加したことは無い。

そんな時代に生きるブルジョア一家のお話である。
雨傘会社の経営者一族という設定だから、こういう邦題になったのか?
制作者側にも意図的なものがあったのだろうか?
原作は舞台劇だそうだが、そちらで雨傘工場なのだろうか。

原題は「お飾りの妻」という意味らしい。
劇中でもドヌーヴ演じる妻に対して「飾り壺」という台詞がある。
当時の革新的な運動家には、彼女たちはそういう存在に見えたのだろう。
お手伝いさんもいるので確かに今の日本人の価値観的にも、そう見える。

物語は家庭内で何不自由なく暮らすブルジョア専業主婦が、
1970年代という時代のうねりの中で成長してゆく姿を、
よぉ~く考えると皮肉交じりのユーモアたっぷりで描くコメディである。
なにしろ、彼女はけっこうアバズレているのだから…
なかなか、面白い。

冒頭、赤いジャージ姿でジョギングするドヌーヴが映しだされる。
1943年生まれだから67歳である。
うーん、素晴らしい。
さすがにムチムチの肉体美という訳にはいかないが、美しいお婆ちゃんである。
同じ感覚を吉永小百合には抱かないのはどうしてだろう。
好き嫌いの問題以外に、心理的な何かがあるのかも知れない。

 さてドヌーヴ。
家を守って詩を書いていれば、それでお前は幸せなのだと口走る雨傘工場の社で
超亭主関白な夫がいる。
そうやって妻を抑えつけておいて、自分はやりたい放題。
今は秘書を愛人にしている。
妻、どうやら気がついているようだが…

夫婦には二人の子供がいる。
娘は結婚して家を出ているが、最近夫婦仲がよくないらしく
離婚するだのしないだの、父親の会社で働きたいだの、
ママのような「飾り壺」のような人生は嫌だの…
その主張は、なんだか当時のウーマンリヴ的で笑える。

息子は芸術家肌。
父親のような経営者(つまり労働者の敵)にはなりたくないと家を出ている。
母には優しい。
今で言う草食系男子か?

さて、そんな妙に綱渡りに成功している不安定な一家に危機が訪れる。
工場の労働者たちが、待遇改善を求めてストライキ、
あろうことか社長を軟禁することに。

どうやら労働者を煽動しているのは市長でもあるモリス議員。
ドヌーヴ、一計を案じて市長と直談判。
解放された社長を病気療養でしばし追い出し、ドヌーヴが労働者と交渉する。

要求全面拒否の社長と違って、彼女は優しい母親の愛情で接し労働者の要求に応じながら協調して働くことで、またたくまに会社の業績を向上させる。
さらに子供たちも適材適所に配置し順風満帆の経営だったが、
社長が戻ってきて歯車が狂い始める。

そして、なんとドヌーヴが抱えていた誰も知らない秘密が、
次々と明らかになってゆくのだった。
社長も市長も、子供たちも、そして観客すらもあっけにとられる展開。
どんでん返しとは違った味わいの物語は、ウィットにも富んでいて「ははぁ、これってフランス映画?」と認識を新たにした。
やはり映画発祥の地だけあって、物語の作りがうまいなぁ。

さて、このエンディング。
幸せの雨傘は誰の手に渡ったんだろう。
おっと、ジェラール・ドパルデュー。
どうしたの、すっかりオデブちゃんになって…

後悔しても仕方がないのだが、どうしてもっと早くに
カトリーヌ・ドヌーヴ好きにならなかったのかなぁ。

しあわせの雨傘 [Blu-ray] - カトリーヌ・ドヌーヴ, ジェラール・ドパルデュー, ファブリス・ルキーニ, カリン・ヴィアール, ジュディット・ゴドレーシュ, フランソワ・オゾン
しあわせの雨傘 [Blu-ray] - カトリーヌ・ドヌーヴ, ジェラール・ドパルデュー, ファブリス・ルキーニ, カリン・ヴィアール, ジュディット・ゴドレーシュ, フランソワ・オゾン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント