0コメント

【DVD鑑賞】青い珊瑚礁

青い珊瑚礁
 制作年  1980年
 監督   ランダル・クレイザー
 出演   ブルック・シールズ、クリストファー・アトキンズ、
      ウィリアム・ダニエルズ、レオ・マッカーンほか
 劇場公開 1980年8月
 録画日  DVD形式 2008年7月19日
 鑑賞年月 DVD鑑賞 2008年8月頃


 「ブルーラグーン(1991年)」では、主演のミラ・ジョヴォヴィッチを
楽しむ以外に価値はない作品と書いたが、本作も同じである。
ブルック・シールズと美しい自然以外に楽しむところはない。

「青い珊瑚礁」と言えば松田聖子を思い浮かべるほど、
ブルック・シールズとは縁がない。
公開当時、世の中が彼女の美しさで話題騒然だったのは憶えているが、
自分のどの感覚もブルック・シールズには反応しなかった。

後々の話だが、1980年代彼女と人気を二分したと言われる
フィービー・ケイツを見て彼女のほうが可愛いなと思った。
もっともこれは個人的な好き嫌いの部分なので、
どうにもこうにも仕方のない話だ。

いずれにしてもリアルタイムで、その活躍を経験はしていない。
だからとんでもない記憶の捏造があった。
ブルック・シールズの活躍を高校生の頃と誤認していた。
おまけに友人たちと話題にしているという、
おぼろげな記憶までついているから呆れる。

冷静になって考えてみると、おかしな話で高校時代の友人たちと
話題にしていたアイドルといえば南沙織、天池真理、小柳ルミ子、
次に山口百恵、桜田淳子、森昌子、麻丘めぐみあたりだった。
あとはスージー・クアトロぐらいだが、彼女はアイドルとは少し違う。
そういえば彼らと映画の話なんて、したことがないじゃないかと
今になって気がついたオバカさである。

 録画したスターチャンネルの作品紹介記事には、
「遭難して南太平洋の孤島に漂着した少年と少女が、
過酷な野生の生活の中で思春期を迎え、恋に落ち、
懸命に生きていく姿を瑞々しいタッチで描いた青春ロマンス」とある。

さて、「過酷な野生の生活の中で」でのサバイバルも
「懸命に生きていく姿」も、ブルック・シールズの美しさの前に
どこかへぶっ飛んでしまっている。
それを狙って物語を作りこんだとは到底思えない。
まるでブルック・シールズのプロモーションビデオのようだ。

従って、それを堪能するしかない。
天使かどうかは知らないが、確かに彼女は美しかった。
今、何しているんだろう。

青い珊瑚礁 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray] - ブルック・シールズ, クリストファー・アトキンズ, レオ・マッカーン, ウィリアム・ダニエルズ, エルバ・ジョゼフスン, グレン・コーハン, ランダル・クレイザー
青い珊瑚礁 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray] - ブルック・シールズ, クリストファー・アトキンズ, レオ・マッカーン, ウィリアム・ダニエルズ, エルバ・ジョゼフスン, グレン・コーハン, ランダル・クレイザー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント