0コメント

【DVD鑑賞】野性の証明

野性の証明
 製作年  1978年
 監督   佐藤純彌
 出演   高倉健、薬師丸ひろ子、中野良子、夏八木勲、
      三國連太郎、松方弘樹、丹波哲郎、舘ひろし、
      成田三樹夫、原田大二郎ほか
 劇場公開 1978年10月
 録画日  DVD形式 2007年8月18日
 鑑賞年月 DVD鑑賞 2007年8月頃


 本当のところ薬師丸ひろ子が、デビュー当時どれほど人気を博したのか、
今もって理由が分からない。
それほど可愛いとも思わないし、歌もうまくないし、
演技も当時は学芸会の域を出ていないと思うのだが。
ファンの方には申し訳ない言い草だが、当時は一度もよいと思ったことが無い。
それでも人気があったのは、角川流メディアミックスによる
マーケティング手法の為せる術なのであろう。

もっとも歌謡曲の世界では、すでに本業の歌よりもルックス重視の
使い捨てアイドルにミーハーヤングは踊っていたから、
銀幕の世界も彼女が大人気になる下地は出来上がっていたとも言える。
等身大のスターということだろう。

実は高校生の頃ではなかったかと思うが、中野良子が好きだった時期がある。
何かのTVドラマを見てのことだと思うのだが、今ははっきりとした記憶がない。
本作には二役で出ているのだが、何の感慨もなかったのは妙に愉快だった。
本当に好きだったのだろうか?

薬師丸ひろ子は「ALWAYS/三丁目の夕日(2005年)」を観てから、
「あら、なんだか優しいお母さんが似合っちゃて」と、
少し見なおしたという感じだ。
それで昔はどうだったかと急に見てみたくなった。
昔の作品では「里見八犬伝(1983年)」くらいしか観たことがなかった。

 本作は彼女の「お父さん怖いよ。何か来るよ。大勢でお父さんを殺しにくるよ」という台詞が大きな話題になったはずなのだが、あまりよくは憶えていない。
実際に観てみると、映画としてどこが面白いのか正直分からなかった。
薬師丸ひろ子を売り出す話題づくりのために、
巻き込まれたとしか思えない高倉健。

よくは知らないが、おそらく角川書店から発売されたであろう原作。
なんだかそう言った商業主義的な作りを色濃く感じてしまう作品、
と言うと言いすぎだろうか?
角川映画のよくない面の代表作ではないか。
いい映画を作ってやろうという情熱が希薄な感じがする。

それでも薬師丸ひろ子が、もう少し天才子役的な演技をしてくれていたら
違った印象もあったかも知れない。
今はそれなりの女優さんなだけに惜しい気がするが、
あの時君は若かったと思って観るしかない。

まぁ、そういう楽しみ方もない訳ではない。

野性の証明 角川映画 THE BEST [Blu-ray] - 高倉健, 薬師丸ひろ子, 中野良子, 佐藤純彌
野性の証明 角川映画 THE BEST [Blu-ray] - 高倉健, 薬師丸ひろ子, 中野良子, 佐藤純彌

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント