0コメント

【DVD鑑賞】オール・アバウト・マイ・マザー&映画の履歴書

映画の履歴書/オール・アバウト・マイ・マザー
 制作年  2012年
 録画日  BD形式  2016年5月4日
 鑑賞年月 BD鑑賞  2016年5月


 最初に「履歴書」のほうから。
これは作品について制作スタッフや出演者が、
ペドロ・アルモドバル監督と共に当時を振り返るドキュメンタリーである。

この作品を鑑賞したのは2008年のことである。
もうすっかり、内容は忘れている。
観たという記憶とペネロペ・クルス狙いという思いだけが残っている。
あぁ、意外に面白くて感動したこともぼんやり記憶にあるが、
何に感動したのかは濃い霧の彼方向こうにあって憶えが無い。

2013年8月8日に最初の鑑賞記録メモを書いている。
鑑賞から約5年だが、ほぼ同じ記憶なのに驚いている。
仕方がないので…
スターチャンネルの作品紹介記事から粗筋を。

「スペイン、マドリード。17年前に夫と別れたマヌエラは、
一人息子エステバンを女手ひとつで育て上げてきたシングル・マザー。
しかしある日、ふたりで大女優ウマ・ロッホの芝居を観に行った帰り道、
エステバンは交通事故であっけなく死んでしまう。
それは、秘密にしていた父親とのいきさつを、
息子に話して聞かせると約束した直後のことだった。
悲嘆に暮れるマヌエラは、ある決意を胸に、
青春時代を過ごした思い出の街バルセロナへと向かった。
そこでマヌエラは妙な成り行きからウマの付き人になることに。
また同時に彼女は、妊娠中のシスター・ロサと同居生活を始めるが、
ロサは出産直後にエイズで死んでしまう。
しかもロサの子の父親は、マヌエラの元夫だった…。」

というお話。
マヌエラをセシリア・ロス、ウマ・ロッホをマリサ・パレデス、
シスター・ロサをペネロペ・クルスが演じている。
フランス映画ということもありペネロペ・クルス以外は知らない出演者だ。
二人とも有名な女優さんのようだ。

セシリア・ロスは「トーク・トゥ・ハー(2002年)」を、
マリサ・パレデスは「ライフ・イズ・ビューティフル(1997年)」と
私が、生きる肌(2011年)」が鑑賞待機中である。
もちろん、彼女たち狙いの録画ではない。
※2016年の記述。「私が、生きる肌」は、2017年7月に鑑賞した。

「ライフ・イズ・ビューティフル」は、馴染みの居酒屋の常連客Mさんのオススメ、
「私が、生きる肌」は、強いて言えばアントニオ・バンデラス狙いか…
彼は「ファムファタール(2002年)」以来、気になる俳優さんの一人。
まぁ、劇場に追いかけてまで観ることは無いが…

3人の女優が本作の内容について熱く語る姿を見ながら…
もう一度観ようかなと思った。
何を語ったかは、この鑑賞記録メモを書いた2016年には
憶えていたのだろうなぁ。
今は、忘れてしまった。
まぁ、よくあることではあるが…
BD形式の再録画は2016年3月27日である。

以下は最初の鑑賞記録メ。
あまり意味のない内容だが、一応記録として残しておこう。


*************** 2013年8月8日 記 ***************************

オール・アバウト・マイ・マザー
 製作年  1998年
 監督   ペドロ・アルモドバル
 出演   セシリア・ロス、リサ・パレデス、
      ペネロペ・クルス、アントニア・サン・フアンほか
 劇場公開 2000年4月
 録画日  DVD形式 2008年2月17日
      BD形式  2016年3月27日
 鑑賞年月 DVD鑑賞 2008年2月頃


 これは面白かった…はずなのだが、あまり記憶がない。
かすかにペネロペ・クルスの顔が浮かぶ程度である。
同じ監督の「バッド・エデュケーション(2004年)」と
映像がごっちゃになっている部分があるような気もする。
雰囲気が似ていたような…

内容は、面倒な人間関係がぎゅっと詰まっていたような…
ゲイ話だったか?違うな。
そこそこの年齢の息子が、すぐ死んじゃったような…
それがきっかけで何かを探すんだったか?

あーぁ、どうしようもないな。
これ以上、書くこともない…というか、題材の記憶がない。
不思議に面白かった記憶だけある。
ということは、もう一度観ろってことなのかな。

ペネロペ・クルスも出ていることだし、そうするか…


*******************************************************************

こ、これだけかぁ…とほほのほ。

オール・アバウト・マイ・マザー [DVD] - セシリア・ロス, マリサ・パレデス, ペネロペ・クルス, ペドロ・アルモドバル
オール・アバウト・マイ・マザー [DVD] - セシリア・ロス, マリサ・パレデス, ペネロペ・クルス, ペドロ・アルモドバル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント