0コメント

【YouTube鑑賞】デヴィッド・ギルモア コンサート

デヴィッド・ギルモア コンサート
 制作年  2014年?
 出演   デヴィッド・ギルモアほか
 劇場公開 劇場未公開
 録画日  YouTube   2014年7月8日公開
 鑑賞年月 YouTube鑑賞 2015年12月


 風邪っぴきYouTube鑑賞、
フリートウッドマック ミラージュツアー(1982年)」に続き第2弾である。
もう1タイトル、「スティーヴィー・ニックス イン・コンサート(1982年)」と合わせて3タイトル鑑賞したことになる。
本作が、一番うとうと状態だったかも知れない。

映像はいつ頃なのだろう。
演奏曲を確認すれば分かるのだろうが、生憎デヴィッド・ギルモアの
ソロアルバムは聴いたことも買ったこともないので、分からない。

曲調は、ほぼフロイドと言える。
これをギルモア・フロイドと言うのかもしれないが、
「原子心母」、「狂気」、「炎」時代と大きく変わらないようにも思う。
当時はギルモアの存在感は、それほど大きくはなくロジャー・ウォータズ色が
強いバンドとしてとらえられていたと思う。
個人的には、あまりそういうことは気にならなかったが…
というか、よくわからない…

最終的にフロイドのバンドとしての存続を強く希望したのはギルモアだし、
ロジャーと大モメに揉めたようだが、このサウンドを聴いている限り
ピンクフロイドにおけるデイヴィッド・ギルモアの存在の大きさを、
あらためて感じたのだが…
まぁ、熱烈なファンではないので、単なる感触に過ぎないけれど。

フロイドのステージ、円形のスクリーンにさまざまなイメージ映像が流れ、
スモークと光で幻想的な世界が描き出されるのだが、あれは特許らしい。
デイヴィッド・ギルモアと言えども個人のステージでは使えないようだ。
かわりに長方形の垂れ幕のようなスクリーンにステージ上のメンバーが映し出され、
光とスモークで世界観を演出していた。
ちょっと淋しい気がする。

ベッドに横になりながらタブレット端末で聴いていたが、
うとうとしていると瞼の向こう側でぼんやり光が点滅する。
実際のステージを一度味わってみたいものだ…

デヴィッド・ギルモア/イン・コンサート [DVD] - デヴィッド・ギルモア, デヴィッド・ギルモア
デヴィッド・ギルモア/イン・コンサート [DVD] - デヴィッド・ギルモア, デヴィッド・ギルモア

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント