0コメント

【BD鑑賞】上海から来た女

上海から来た女
 制作年  1947年
 監督   オーソン・ウェルズ
 出演   オーソン・ウェルズ、リタ・ヘイワース、
      エヴェレット・スローン、グレン・アンダース、
      テッド・デ・コルシアほか
 劇場公開 1977年8月
 録画日  BD形式 2013年11月16日
 鑑賞年月 BD鑑賞 2013年11月


 昔、「上海帰りのリル」という歌が流行った。
昭和50年代か60年代に根津甚八が歌って、軽くリバイバルヒットした。
オリジナルは聴いたことがない。
知人の結婚披露宴で同期がこの歌をお祝いに歌っていて、
「披露宴に歌う曲じゃないだろう」と思ったことを思い出した。

本作のヒロイン、リルではない。
しかし、上海から帰って来た女である。
だから、余計なことを思い出した。
リタ・ヘイワースが演じていて、とても綺麗だ。

リタ・ヘイワース。
1918年生まれ、1987年病没。
本作出演の後か、オーソン・ウェルズと離婚。
一時期、「ハリウッドのセックス・シンボル」と言われいたようだ。
あれ?マリリン・モンローだけじゃないんだ。
なんとなく似ていなくもないか…

妙に記憶に残っていた名前だが、どういう理由か…?
出演作をトレースしてみたが、記憶に残っている作品は一つもなかった。
自分にとって映画が読む時代だった頃に雑誌で読んで、
そのまま残ったものかと想像する。

主人公が、美貌の人妻との出会いをきっかけに、
思わぬ運命に巻き込まれてゆく過程を描いている。
騙されながら堕ちてゆく感じではあるが、どうも緊張感としては緩い。
今となっては…という話でもあるが。

フィルムノワールの傑作と言われているそうだが、どうだろう。
ラストに登場する鏡張りの部屋での銃撃戦は、
かなり有名な場面なのだそうだが、よく分からない。

この鑑賞記録メモを最初に書いた時点での話。
その後、このシーンが「燃えよドラゴン(1973年)」や「007/黄金銃を持つ男(1973年)」でオマージュされていることを知った。
映画人にとっては、印象的なシーンだし作品なのだろう。
感性が鈍いのか自分には、まぁまぁの作品といったところだった…

上海から来た女 [DVD]
上海から来た女 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント