0コメント

【BD鑑賞】ミスター・アーサー

ミスター・アーサー
 制作年  2011年
 監督   ジェイソン・ウィナー
 出演   ラッセル・ブランド、ヘレン・ミレン、
      ジェニファー・ガーナー、グレタ・ガーウィグ、
      ルイス・グズマンほか
 劇場公開 劇場未公開
 録画日  BD形式 2012年10月14日
 観賞年月 BD鑑賞 2013年10月


 録画してから1年も放置状態が続いたのは、
ラベルがなかなか見つけられなかったからだ。
でも狙いがヘレン・ミレンだったので、1年の放置期間で済んだのかもしれない。

彼女が出演する大真面目コメディは面白い。
久しぶりに「鬼教師ミセス・ティングル(1999年)」で味わった、
愉快感を味わうことができた。
もちろんコメディなだけ、本作のほうが爽快感もある。

世間知らずな大富豪の御曹司アーサーは、しっかり者の社長令嬢スーザンと
庶民派だが心優しいナオミのどちらと結婚しようかと、心を悩ませていた。
そんな感じのロマンティック・コメディではある。

しっかり者とはいうが実は成金の娘で、
大富豪の歴史ある名前が欲しいだけの憎らしい女である。
ジェニファー・ガードナーが好演している。

一方のナオミ、ふむ確かにこういう素朴な女性のほうが惹かれるのは、
やはり貧乏性なのだろうか?
いやいや身の丈にあった好みということだろう。
グレタ・ガーウィグという女優さんが演じている。

そこそこ綺麗な女優さんだ。
だから身の丈に合った好みというのは、ちょっと天狗になっている。
まぁ、あくまでも心のありようとしてであると言い訳してみる。

本作、リメイク作品のようだ。
1981年制作の同名映画でライザ・ミネリが出演している。
こちらも、観てみようかな…
ラベルは見つけた。

とにかく、ヘレン・ミレンが素敵な乳母を演じている。
世間知らずで無鉄砲な駄々っ子アーサーが心を開く唯一の人物間、
これ好きなキャラクターだ。
堪らんなぁ…って、乳母コンか?

ミスター・アーサー (字幕版)
ミスター・アーサー (字幕版)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント