0コメント

【WMV鑑賞】1941

1941
 制作年  1979年
 監督   スティーヴン・スピルバーグ
 出演   ダン・エイクロイド、ネッド・ビーティ、
      トリート・ウィリアムズ、三船敏郎ほか
 劇場公開 1980年3月
 録画日  WMV形式 2004年7月3日
      DVD形式 2006年12月17日
 鑑賞年月 WMV鑑賞 2004年7月頃


 公開当時、あのスピルバーグが初めてコメディに挑んだことが、
話題になったそうである。
話題になったことは、なんとなく記憶にある。
だが、それはスピルバーグでも初のコメディでもない。
単に三船敏郎が出演した映画として記憶に残っているだけだ。
当時は、この程度の映画熱(熱か?)である。

正直、この手のバカ話はあまり好きではない。
「この手」が「どの手」という話ではあるけれど…
ドタバタコメディが嫌いという訳ではない。
戦争を気楽に茶化しているところだろうか?
あるいは、その戦争が第二次世界大戦だからだろうか?
うまくは説明できない。

スターチャンネルの粗筋を引用する。
「1941年12月13日、真珠湾攻撃直後のカリフォルニア沖に
大日本帝国軍潜水艦が突如浮上した。ミタムラ司令官率いるこの潜水艦の目標は
ハリウッドだが、計器の故障で全く違う位置に出てきてしまったのだった。
驚き慌てたのは町の住人たち。クリスマス・シーズンで浮かれていた人々は
大パニックに巻き込まれていく…。
戦時中、突如カリフォルニア沖に現れた日本国軍潜水艦によって
巻き起こる大騒動を描くドタバタ・コメディ。ハチャメチャな軍人たちと、
悪戦苦闘する民間人たちが、抱腹絶倒の大破壊シーンを
次々に展開する異色娯楽大作」

ちっとも抱腹絶倒しなかった。
何が面白いのか…そんな記憶だけが残っている。

例によってスピルバーグ監督の駄作の一つではないか。
これがダン・エイクロイド監督作品だったら、笑えたかもしれない。
「まったく、馬鹿じゃないの(やってくれるねぇ)」って…

1941 [Blu-ray]
1941 [Blu-ray]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント