0コメント

【DVD鑑賞】エクスペンダブル・レディズ

エクスペンダブル・レディズ
 制作年  2014年
 監督   クリストファー・レイ
 出演   ゾーイ・ベル、ブリジット・ニールセン、
      クリスタナ・ローケン、ヴィヴィカ・A・フォックスほか
 劇場公開 劇場未公開
 録画日  DVD形式 2015年3月8日
 鑑賞年月 DVD鑑賞 2015年4月


 とあるWebサイトで見つけた映画紹介記事。
紹介内容は、けっこう偏っている。
まぁ、管理人さんの強い意志のようだ。
でも面白くて、時々読んでいるのだが…
これは2015年の記録。
現在、このWebサイトは見ていないし、
どんなサイトだったのかも忘れてしまった。
PCを変えたときにブックマーク、移行しなかったしなぁ。

本作も、「あぁ、女性版シルヴェスター・スタローンか」とスルーするはずだったのだが、出演者にクリスタナ・ローケンを発見!。
ご存知、「ターミネーター3(2003年)」の女性型ターミネーター、
T-Xその人である。

一時期、コレクションに没頭していた。
コレクション作品は、

1.クリスタナ・ローケン T-X(1998年)
2.モータル・コンバット/ キング アンド クイーン(1998年)
3.モータル・コンバット/ファイナルバトル(1998年)
4.ターミネーター3(2003年)
5.ニーベルングの指環(2004年)
6.ブラッドレイン(2005年)
7.セクシャリティ(2006年)
8.特殊能力捜査官/ペインキラー・ジェーン(2007年)

である。
案外、少なかったか。
まぁ、あまり多くの作品に出演している女優さんではない。
現在もご活躍のようだが、あまり熱は入らないなぁ。

さて久しぶりに見たクリスタナ・ローケンだが…
物語はB級感たっぷりの、まんま「エクスペンダブルズ(2010年)」である。
まぁ、まんまというと言い過ぎかもしれない。
女性版なので、いくらマッチョガールたちといえどもアクションは少し緩いか…

過激テロ集団が米国大統領令嬢を誘拐する。
この過激テロ集団、リーダーは女性である。
とても悪い奴だ。
このワル女をうまく描写しきれていないのが、ちょっと残念である。
相当なワルで思想的なテロリストではなく金儲けテロリストであり、
女性蔑視、男性蔑視、自分以外は糞と思っている女なのである。

人間不信ともいうべきだが、そこに至る事情はアクションものとして重要ではないということなのか、あっさり父親との関係でかたずけられている。
しかも語るだけで、映像がない。
ここ、面白いところなんだけどなぁ…

過激テロ集団の要求は「48時間以内に近隣の邪魔者どもを制圧し、
女性リーダーを大統領にしろ」というものである。
無理難題の要求である。
軍もCIAも超多忙ということで、恩赦を餌にクソ女どもが集められて、
テロとの戦いの幕が切って落とされる。
少し背景説明と戦う動機が弱いかも…
現ナマあったほうがリアルだったような気がするなぁ。

まぁ、銃撃戦もカーチェイスもしょぼい。
低予算テレビムービーだから仕方がないか。
逆にそう割り切れば、そこそこ楽しめる作品ではないかと思った。

さて、お目当てのクリスタナ・ローケンだが…
うーん、相変わらずアカあか抜けないなぁ。
観ているうちに、リーダーのゾーイ・ベルや敵役のブリジット・ニールセンのほうが魅力的に見えてきてしまった。

そう言えば誰かが言っていた。
「T-Xが魅力的なのは、彼女がしゃべらないからだ」と。
なるほど、今頃納得した。

エクスペンダブル・レディズ [DVD]
エクスペンダブル・レディズ [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント