よもやま話〜ほとんど映画かも〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 【DVD鑑賞】スティング

<<   作成日時 : 2019/04/24 20:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

スティング
 製作年  1973年
 監督   ジョージ・ロイ・ヒル
 出演   ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、
      ロバート・ショウ、チャールズ・ダーニングほか
 劇場公開 1974年6月
 録画日  DVD形式 2009年1月26日
 鑑賞年月 DVD鑑賞 2009年1月


 明石家さんまという噺家、いやタレントがいる。
「オレたちひょうきん族」あたりまでは、
喧しいが嫌いな芸人さんではなかった。
それがだんだん五月蝿くなってきて、
最近ではどちらかと言えば嫌いなタレントさんになりつつある。

そんなさんまが、ある番組で映画の話をしていて「スティングが今まで観た映画では一番」と言っているのを耳にして、いつか観てみようと思っていたところ、2009年1月にNHK BSで放映されたので
録画、鑑賞してみた。

さんまは同世代というか同い年である。
誕生月で半年ほど年上ということにはなるのだが。
本作、1974年の公開だから18歳と言うことになる。
しかし当時は、ほとんど映画には興味がない時期だった。
テーマ曲ぐらいは聴いたことがあるような気はするのだが…

そのせいもあってポール・ニューマンとロバート・レッドフォードの二人は、名前は知っていはいるが、何とはなしに気にならない顔立ちというか、興味も何も湧かない俳優さん達に分類される。
おそらく当時はこの二人の共演作だということも、
知らなかっただろうと思う。

動いているポール・ニューマンを見るのは、確かスカイラインのコマーシャルではなかったかと記憶する。
スカイライン・ジャパンと言っていたモデルで、
ジャパンなのになぜ外人をイメージキャラクターに使うのか不思議であると同時に、微妙に不愉快だった。
洋物かぶれのくせに…

 さて、スティング。
新米詐欺師(ロバート・レッドフォード)が、伝説の詐欺師(ポール・ニューマン)と組んで殺された仲間の復讐に、一世一代の詐欺を仕掛けギャング一味から大金を巻き上げるという物語だ。
少々味付けはコメディタッチな部分もあるように感じた。

1973年度アカデミー賞6部門に輝いた傑作であり、
ポール・ニューマンの代表作のひとつでもあるのだが、世間の評判ほど面白さは感じなかった。

これは時代を共有していないというのが、
大きな理由ではないかと思う。
決して明石家さんまが好きでは無いという理由からではない。
「イージーライダー(1969年)」をあまり面白く感じなかった理由と似ているのだと思う。
どうもアメリカン・ニュー・シネマと称される作品には、共感できない作品が多いような気がする。

ちなみにタイトルの意味は、ぼったくりらしい…


スティング ユニバーサル 思い出の復刻版 ブルーレイ [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2018-10-11

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【DVD鑑賞】スティング よもやま話〜ほとんど映画かも〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる