0コメント

【BD鑑賞】ジャニス・ジョプリン:ライヴ モジョ・ワーキング

ジャニス・ジョプリン:ライヴ モジョ・ワーキング
 制作年
 監督
 出演   ジャニス・ジョプリンほか
 劇場公開 劇場未公開
 録画日  BD形式 2015年10月
 鑑賞年月 BD鑑賞 2015年10月


 ジャニス・ジョプリンは永遠のアイドル歌手…
という表現はおかしいか。
彼女がアイドルだったことは一度もない。

1970年10月4日、滞在していたホテルで遺体で発見された。
享年27歳。
使用したヘロインが通常のものより高純度であったため、
致死量を越えたのが死亡原因であるとされている。

そんな彼女を最初に耳にしたのは、中学3年だっただろうか。
アルバム「パール」がヒットしたことで知ったということになるので、
実際には彼女が亡くなってから知ったことになる。
そのことに気がついたのは、ずいぶん大人になってからだった。

二十歳をいくつか過ぎた頃、
ベスト盤だったが輸入ライヴアルバムを購入した。
おそらくこれが真面目に彼女を聴いた、初めてのアルバムだったと思う。
高校時代の友人たちには、「ジャニスはいいよ」と語っていたが、
実際は「ムーヴオーバー」と「サマータイム」しか知らなかった。

しかも「サマータイム」は、別の人の曲…
「サニー」だったか、と長く勘違いしていた。
自慢げに語ってゴメンナサイ。

しかし、アルバムを聴いて愕然とした。
ライヴだったせいもあると思うが、
あらためてそのしゃがれたハスキーな声に圧倒された。
さらに義兄が「janis」というVHSテープの持っていた。
ライヴ映像とドキュメンタリー的な映像が収録されていたと記憶しているが、
これには打ちのめされた。
その絞り出すような嗄れ声は、まさに魂の叫びであった。

1960年代の女性ヴォーカリストといえば、
その多くは、日本風に言えばアイドル歌手といった風情であった。
それが悪いということではないのだが、
ジャニス・ジョプリンは彼女たちとは一線を画していた。

本作の中で、コメンテーターの女性ヴォーカリスト(あるいはロッカー)が言っている、「彼女は(外観的に)女性であることを捨てざるを得なかった」という言葉は、時代が女性ヴォーカリストたちに何を強要していたかが分かり興味深い。

そんな60年代を代表するヴォーカリストのジャニスを、
若い世代が知っていて驚いたことがある。
2015年の8月のお盆過ぎだっただろうか、
いつも行く居酒屋Mに突如女性客が一人で入ってきた。
カウンターに座っていた常連のおじさんたち、一瞬ざわめいた。
ざわめいたと言っても言葉を発するのではなく、
全員の目が語るのである。
「なんで?どうしたの?」

その女性客、聞けば娘とほぼ同じ年代、31歳だという。(当時)
会社の飲み会でイタリアビ-ルを飲んできた帰りだという。
時々、一人でふらっと知らない店に飛び込むこともあるという。
その日も、急で小さな階段が気になって入ってきたという。
なるほど…

2週間ほどして、また一人でやってきたらしい。
個人的に気に入っていたので、
ぜひ呑みたいなと思っていたので女将には伝えていた。
その日は、女将がメールをしてきてくれたのだが、
出張で同席できなかった。

また来てくれないかなと思っていたら、
偶然、出会うことが叶った。
Hさんというのだが、彼女の悩み事は小さい頃から
周囲に馴染めないことらしい。
数年前に入った居酒屋が、そのハードルを下げてくれたらしく、
以来、時々一人飲みをしているらしい。
やや人見知り的な傾向もあるのだが、
しっかりしていていいお嬢さんだった。

呑んでいたから、ことの経緯は忘れてしまったが、
ロックの話になり、ジャニスの話になった。
知っているし、「パール」は所有もしているという。
なぜ?と思い訊いてみると、以前付き合っていた彼氏がロック好きで、
名前が気になって聴いてみてからファンだという。
なるほど、こうやってジャニスの音楽は、
遠い日本で引き継がれていくのかと嬉しく感じた。
その彼氏とうまくいかなかったのは、まことに残念である。

そういえば我が娘のキング・クリムゾン好きも、
小さい頃から車の中で聴いていたからだと言っていたなぁ。
これもまた、引き継ぎか…な。

本作は、モジョ・ワーキングというレーベル(?)から、
伝説のロックバンドのDVD映像が発売されており、
そのなかの一つのようである。
数人の女性コメンテーターがジャニスの素晴らしさを語っているが、
その中にスージー・クアトロがいたのが妙に嬉しかった。

彼女のコレクション作品は、他に「Janis(1974年)」をWMV形式で、「フェスティバル・エクスプレス(2003年)」をDVD形式で所有しているが、いずれも音楽ものなので鑑賞記録メモがない。
いずれ再鑑賞するつもりなので、その機会にでも…


MOJO WORKING 伝説の起跡 ( DVD3枚組 ) 3DVD-2001
キープ株式会社
2012-07-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック