0コメント

【DVD鑑賞】三銃士(1993年)

三銃士(1993年)
 製作年  1994年
 監督   スティーヴン・ヘレク
 出演   クリス・オドネル、チャーリー・シーン、
      キーファー・サザーランド、オリヴァー・プラット、
      ティム・カリー、レベッカ・デモーネイほか
 劇場公開 1994年4月
 録画日  DVD形式 2011年11月27日
 鑑賞年月 DVD鑑賞 2011年11月


 本作は、キーファー・サザーランド狙いの鑑賞である。
なにげにキーファー・サザーランドは好きな俳優さんだが、
テレビドラマが苦手なせいもあり「24」は一度も観たことはない。
本作はアトスをキーファー・サザーランドが演じる三銃士である。
実は原作で一番好きなキャラクターなので、楽しみに鑑賞した。

うーん、まぁ、悪くはないが…
少し違和感があったかなぁというのが素直な気持ちである。
四半世紀近く前の作品だからというわけではないが、
テンポもそれほどよろしくない。
チャーリー・シーンがアラミスってのも、どうもなぁ…
いや、この頃の彼は大丈夫なのかな。

物語は、第一部いわゆる三銃士そのものである。
それだけに…テンポと迫力が一番求められると思うのだが。
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(2011年)
ほど、ぶっ飛んだ内容にはできなかったのだろうか?

その「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」も、
アトスとミレディーって訳ありの関係だったが、本作でも同じだ。
本作のほうが純愛系?の設定だが、原作でもミレディーって
アトスと関係あったかな?
そのような記憶はないのだが…

まぁ、そこそこ面白いとは思うが、刺激と興奮は少ない。
これはミラ姐さん版を見てしまったからかも知れない。
あれ?ちょっと鑑賞日時的には微妙だな。

マネーボール(2011年)」が2011年11月11日、
そのあと「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」を
観ているが日付の記録はない…
SMAP(S Movie And Party)での再鑑賞が12月1日、
その間に3本鑑賞しているから、「マネーボール」鑑賞後、
比較的早めに観たのだと思う。
本作は録画日からして11月末の鑑賞だろう。
やっぱり、ミラ姐さんの刺激と興奮に負けたということで、
間違いなさそうだ。
あるいは飛行船の迫力…に負けたか。
だとすると、そこには見かけ重視の自分がいるなぁ。


三銃士 [DVD]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
2005-12-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック