0コメント

【劇場鑑賞】サウンド・オブ・サイレンス

サウンド・オブ・サイレンス
 制作年  2001年
 監督   ゲイリー・フレダー
 出演   マイケル・ダグラス、ブリタニー・マーフィ
       ショーン・ビーン、ファムケ・ヤンセンほか
 劇場公開 2002年5月
 録画日  WMV形式 2003年12月13日
      DVD形式 2002年6月12日
 鑑賞年月 劇場鑑賞  2002年6月


 映画鑑賞会繋がりから抜け出て、劇場鑑賞順に戻る。
まぁ、時々脱線しながら鑑賞メモを続けることに。

ブリタニー・マーフィを追いかけ始める
きっかけとなった作品だが、
劇場鑑賞の動機ははっきりしない。
まさかサイモン&ガーファンクルの
「サウンド・オブ・サイレンス」と同じだから?
そんな訳はない。
ロック小僧だった頃から、S&Gは、
それほど好きではない。

もっとも年と共に許容範囲が広がったようで、
「ミセス・ロビンソン」はよく聴くようになった。
映画「卒業(1967年)」の
アン・バンクロフトを思い出すからか。
時々、カラオケで歌ったりするが…失敗する。

予告編でのブリタニー・マーフィの絡んだ
キャッチコピーが気に入ったのだろうかとも思う。
でも、どういうコピーだったかは
忘れてしまっているので、可能性は低いだろう。

まだマイケル・ダグラスもファムケ・ヤンセンも、
ましてやショーン・ビーンなど、
よくは知らない頃の鑑賞である。
今にして思えば、豪華俳優陣の出演作品を
何も知らずによく選んだものだ。
その点は、鼻が利くと自慢できるかもしれない。

これは娘が高校生だった時に、観に行った作品である。
よく付き合ってくれるものだと感心する。
もっとも、「どうせタダだし」くらいに思って
ついてきたのかもしれない。

ただ、自分が選ぶ鑑賞作品は、
女子が好き好んで観る作品ばかりではないので、
少しは感性があっていたのだとも思いたい。
女子だからといって、中学の時のデート映画のような
気づかいをしなくて済むのは楽である。

妻から聞いている範囲では、洗濯物を箸でつまんで
洗濯機というようなことはなかったようなので、
嫌われていたわけでもなかったようだ。
今では、当然だが酒も呑む。
特に、最近は日本酒にハマっているようで、
大いにけっこうなことだと思っている。

「娘を誘拐された精神科医と謎の少女、
犯人に命を狙われる妻、事件を追う女性刑事、
それぞれがタイムリミットに向けて
畳み掛けるような展開をみせるノンストップ・サスペンス」
(スターチャンネル作品紹介記事から抜粋)

なるほどの展開。
特に謎の少女役のブリタニー・マーフィ、
「こりゃ、大ブレイク間違いなしだな」と
思ったのだけれど…本作以降の出演作は小粒な作品が多く、
作品に恵まれなかったかなぁ。

本作以外の、彼女の出演作品のコレクションは次の通り。
○生前鑑賞
1)17歳のカルテ(1999年)
  WMV鑑賞 2002年12月以前
  精神病棟の女子物語、彼女の事はまったく意識に無い。
2)アップタウン・ガールズ(2003年)
  DVD鑑賞 2005年7月頃
  大人女子と子供女子のドタバタハートフルコメディ
3)シン・シティ(2005年)
  劇場鑑賞  2005年10月
  アニメっぽいハードボイルド映画、体当たりの娼婦役。
4)カレの嘘と彼女のヒミツ(2004年)
  DVD鑑賞 2006年7月頃
  恋人の浮気往査に奔走するヒロインだったかなぁ。

○逝去後鑑賞
5)2ROOMS/トゥー・ルームス(2009年)
 、DVD鑑賞 2010年2月
  どことなくB級な感じの浮気サスペンス。
6)私の婚活恋愛術(2006年)
  DVD鑑賞 2010年4月頃
  まったくといっていいくらいに、内容を憶えていない。
7)シャッター リフレクション(2009年)
  DVD鑑賞 2010年5月
  詳しく憶えてないが精神不安定女子の話。
8)インシデント(2000年)
  DVD鑑賞 2010年7月
  ちょっと下品な青春学園ホラーサスペンス
9)ラストプラン(2010年)
  DVD鑑賞 2011年1月
  病院内起きたはずの恋人失踪サスペンス、遺作である。
10)ラーメンガール(2008年)
  DVD鑑賞 2015年8月
  外国人女子、ラーメン道を極める、というお話。
11)8Mile(2002年)
  DVD未鑑賞
  ラップ・アーティスト、エミネムの自伝映画、知らんなぁ。

こうして鑑賞順にリストアップしてみると、
亡くなってからのほうが鑑賞作品数が多いなぁ。
追いかけ女優と言いながら、いい加減なものだ。
言い訳すると、「ラーメンガール」と「8Miles」は、
生前に録画しているので、まぁ、半々くらいか…なんて。

現地時間(米国)2009年12月20日午前8時、
ロサンゼルスの自宅シャワー室で心配停止状態で
倒れているのを母親が発見、病院到着時に死亡が確認された。
死因は心不全。
ブリタニー・マーフィ、若すぎる死であった。


サウンド・オブ・サイレンス [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2011-09-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サウンド・オブ・サイレンス [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック