よもやま話〜ほとんど映画かも〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 【劇場鑑賞】ワールド・トレード・センター

<<   作成日時 : 2018/07/12 20:15   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ワールド・トレード・センター
 制作年  2006年
 監督   オリヴァー・ストーン
 出演   ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、
      マギー・ギレンホール、マリア・ベロほか
 劇場公開 2006年10月
 録画日  DVD形式 2008年1月13日
 鑑賞年月 劇場鑑賞 2006年10月


 「レディ・イン・ザ・ウォーター(2006年)」からの、
ブライス・ダラス・ハワード繋がりにしようかと思ったのだが、
全然繋がらないので2006年の劇場鑑賞を先に進める。

 21世紀は、この大惨事で幕をあけた。
以来、二十年弱、米国とテロリズムは戦い続けている。
根本に宗教と石油と金があると思うのだが、
根深いのは宗教だろうか?いや、石油かな。

ずいぶんと昔のことになるが、妹とある宗教論争をしたことがある。
彼女はある宗教の熱心な信者だった。
今もそうかなと思うが、もう数年連絡していないので分からない。
仏教の一派で破壊的ではないし、彼女の生活もごく普通ではある。
ある日、妹はは違うとは言うが、自分にとっては勧誘としか
思えないある会話の中で、「宗教は人類に平和をもたらす」
みたいなことを言い始めた。

ふざけるな、と思った。
なんという歴史認識の甘さだろうと。
聖徳太子も参加した「物部VS蘇我」の戦いは宗教戦争である。
宗教を利用した権力闘争と言ったほうが正確かも知れない。
世界史をみれば、宗教戦争と呼ばれる戦いの実に多いこと。

特に憎悪の宗教であるキリスト教圏での戦争の多さは呆れてしまう。
宗教が哲学でとどまっている間は平和だが、
教団となったとたんに災いの元凶になるのだ。
学校で習った百姓一揆も信長の比叡山焼き討ちも、
徒党を組んだ団体のテロ活動とそれへの対応だった。
オウム事件と現象的には同じだろう。
中身は似て非なるものがあるけれど。

結局、妹は納得しなかった。
今は未熟な自分達だからそうなるのであって、
全世界の人間が教祖の教えに目覚めれば、
平和になるということらしい。
だから、同じ事を別の教団も主張して戦争になると思うのだが、
どうも信者の方には理解してもらえないらしい。

 まぁ、それはいい。
本作は、そういうなぜこうなったかの視点はゼロで、
起きてしまった惨事に個々の人間がいかに勇猛果敢に、
自己を犠牲にしながら、闘い抜いたかが描かれているだけだ。

映像の大部分は土塵にまみれ、動けなくなったニコラス・ケイジだ。
好き嫌いは横においても、彼の汚れた顔を大画面で見続けていても
あまり面白いとは言い難い。
オリヴァー・ストーン監督にしては、少し甘い作品ではなかろうか?

「あっ、マギー・ギレンホールが出ている」くらいの印象しか残っていない。
どうした、オリヴァー・ストーンといったところだろうか。

ところで、「9.11」については呑気な思い出がある。
平和な日本を実感する話ではないかと思う。
その日はいつものように、会社の同僚たちと軽く呑んでいた。
ちょうど仙台に台風が近づいてきており、天候は下り坂。
師と仰ぐ映画博士A氏に「こんな日は国分町(東北一の繁華街)も
ヒマしているだろうから、もう一軒」と二人でスナックRへ。

そのスナックは、後にMP(Movie And Party)を結成する
Kさんが働いているお店。
案の定、客は自分たち以外に一人いたかいないかぐらい。
少しおしゃべりをして「さあ!カラオケでも」と思ったら、
Kさんが「ちょっと、歌なんか歌っている場合じゃない!
世の中は大変なことになっている」と騒ぎ出した。

Kさんは、当時まだ珍しかった携帯電話を
個人所有していて、知り合いから連絡がきたらしい。
カラオケの画面(ブラウン管だった)をテレビに切り替えた。
見ると国際貿易センタービルに飛行機が突っ込んでいる。
「えぇ?なにかの映画?」と思ったが、NHKアナウンサーが
大真面目で報道している。

当然、カラオケどころではなくなり他の従業員さんと一緒に、
皆でしばらくはテレビ画面に釘付けになった。
結局、台風は逸れたのだったか温帯低気圧になったのか
忘れてしまったが、大雨にもならず酩酊ほどではないにしろ
ほどよく酔っぱらって帰宅した。

この時、思ったこと。
95%は「イスラムも酷いことするなぁ」だったが、
5%ぐらいは「アメリカめ、ざまぁみろ。
身勝手なグローバリズムを世界中に押し付けるから、
こんなことになるんだ。猛省しろ!」と本気で思った。
このパーセンテージは、このあとも徐々に上がっている。
あーぁ、思春期に憧れたアメリカは、どこへ行っちゃったのだ?
どうしてくれる、俺の洋モノカブレ。




ワールド・トレード・センター スペシャル・エディション [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2013-08-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ワールド・トレード・センター スペシャル・エディション [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【劇場鑑賞】ワールド・トレード・センター よもやま話〜ほとんど映画かも〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる