よもやま話〜ほとんど映画かも〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 【DVD鑑賞】007/カジノロワイヤル(1967年)

<<   作成日時 : 2018/07/11 10:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

007/カジノロワイヤル(1967年)
 制作年  1967年
 監督   ジョン・ヒューストン、ケン・ヒューズ、
      ロバート・パリッシュ、ジョゼフ・マクグラス、
      バル・ゲスト
 出演   デヴィッド・ニーブン、ピーター・セラーズ、
      ウディ・アレン、ウルスラ・アンドレス、
      オーソン・ウェルズ、デボラ・カーほか
 劇場公開 1967年12月
 録画日  DVD形式 2006年11月4日
 鑑賞年月 DVD鑑賞 2006年11月頃


 果たして、これをウディ・アレン繋がりに
加えてよいものかどうか、いささか迷うところだが…
記憶には無いが、ドクター・ノアという役でのご出演だそうで。

 本作は、正式なジェームズ・ボンド映画作品シリーズとして
考えられていない異端児的な存在である。
一般的なボンド像を、随所でからかっているパロディ作品。
しかし、それにしても、なんだかなぁ…

「007/カジノロワイヤル(2006年)」の鑑賞記録に、
「同名の作品が1967年に発表されている。
こちらはピーター・セラーズ主演のパロディ映画である。
どうも豪華キャストの割には笑いも何もいまひとつである。
今回のロワイヤルは真面目だ。」
と書いていた。

本作を鑑賞した頃は、本作が出来上がるまでの経緯や、
ダニエル・クレイグ版「カジノロワイヤル:が
制作されるに至った因縁(?)などは、
まったく知らなかったので気楽に書いているが、
知ったところであまり感想は変わらない。

ジャクリーン・ビゼットまでも登場する超豪華キャスト。
監督が5人にもなってしまった経緯も紆余曲折大ありだが、
一致団結のもと作られていないことが如実にあらわれている。
統一感が無く、せっかくのパロディも空を舞っているようで、
どこか空しさを感じてしまった。

ストーリーは、あったのかなかったのか…
なんだかボンドが沢山出てきてドタバタしていた記憶しかない。
ボンドシリーズの熱狂的ファンなら、制作過程の逸話を含めて
楽しめるのかも知れない。

自分は、まったく退屈だった。
記憶にはないが、案外途中で寝落ちしていたかも知れない…





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【DVD鑑賞】007/カジノロワイヤル(1967年) よもやま話〜ほとんど映画かも〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる