よもやま話〜ほとんど映画かも〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 【劇場鑑賞】LOGAN/ローガン

<<   作成日時 : 2018/07/10 09:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

LOGAN/ローガン
 制作年  2017年
 監督   ジェームズ・マンゴールド
 出演   ヒュー・ジャックマン、パトリック・スチュワート、
      リチャード・E・グラント、ダフネ・キーン、
      ボイド・ホルブルック、スティーヴン・マーチャントほか
 劇場公開 2017年6月
 録画日  DVD形式 2017年11月14日
      BD形式  2018年4月6日
 鑑賞年月 劇場鑑賞  2017年6月


 鑑賞前の予感。
「ヒュー・ジャックマン版のウルヴァリンは、
これで最後だろうなぁ。」だった。
ただ、これで人気キャラクターのシリーズが
終わるとも思えず、まだしばらくはマーベルの神通力も
続くだろうから、果たして今回どのように手打ちにし、
どのように次回につなげるのか、興味津々であった。
鑑賞後、最初に思ったのは「なんだか、西部劇みたいな
匂いがするなぁ。」だった。

舞台は2029年、映画版X−MENの
時系列的にはどうなんだろう。
絵柄のイメージとしては
X‐MEN3/ファイナル・ディシジョン(2006年)
という気がしないでもなかったのだが、どうだろうか。

まぁ、時系列はどうでもいいか。
チャールズってジーン(フェニックス)と戦って、
死んだんじゃなかったかしらん?

ローガン、アマダンチウムの副作用ってことで、
ずいぶんと弱々しいなぁ。
白タク運転手で日々の生計を立てているようだ。
といってもタクシー自体はドデカく、ゴージャスなのは、
さすが米国、やっぱりこれがアメリカン。

一瞬、「ターミネーター3(2003年)」の、
残念な記憶がよみがえる。
へなちょこジョン・コナーの姿が重なり、厭な予感がした。
まぁ、大丈夫だったけれど…

 ミュータントたちは、ほぼ死滅しているようである。
しかし、どうやら最強兵器として、ウルヴァリン型の
ミュータントを造っている組織があるらしい。
その実験段階で現れた子供のミュータントが逃亡、
組織が不良品として彼らの回収作業をしている、
という流れで物語は進む。

ウルヴァリンは、どうやら認知症を患っているチャールズを、
生き残りのミュータントと二人で匿っている。
1年ほど前に、人間との大きな戦いがあったのか、
チャールズの能力が暴走したのか、よくは分からないが
事件があり、政府はチャールズを大量作率兵器に指定した。

その追求から逃げている。
チャールズもウルヴァリンも死に場所を求めている感じだ。
しかしチャールズは、新しいミュータントの誕生を確信しており、
再び彼らを教育・指導したいと願っている。

そこへ一人の少女が、不思議な縁で登場する。
この少女はウルヴァリンとは深い縁がある。
彼女は「エデン」と呼ばれる場所に、
一緒に逃走した仲間がいると信じている。
ウルヴァリンは否定的だが、チャールズの進言や
組織の追及から逃れるため、巻きかまれるようにして
「エデン」に向かうことになるのだが、
果たしてそこは彼の死に場所にふさわしいのだろうか…

 ヒュー・ジャックマン版ウルヴァリンのテイストとしては、
ラストを含め上出来の仕上がりかなと思う。
劇中に「シェーン(1953年)」のシーンが何度も使われる。
シェーンは「一度、人を殺してしまった者は、
それが正義であってもその罪からは逃れられない」
と言って、村を去ってゆく。

今回、その台詞を少女に言わせている。
それはミュータントの正義のため、
すでに殺人に手を染めた少女自身の未来への覚悟なのか、
あるいは逃れられないミュータントの運命の象徴なのか。
あるいは異なる種族の対立に対する警鐘なのか?
なかなか、含みのある、よいラストであったように思う。

さて、この少女。
ウルヴァリン型ミュータントである。
彼女の苦悩がスピンアウト作品ウルヴァリンシリーズの
新たな物語を生みだすのだろうか?
それは、今後の「X−MEN/アポカリプス(2016年)」の
続編の内容によるのだろうなぁ、と思いながら劇場を後にした。

いかにして少女はX−MENとなるのか…
早くしないとダフネ・キーン、成長しちゃうけど。
あっ、それはそれで問題ないか。
その後の話だから。
スクラップ&ビルド、ご和算で願いましては…

しかし、どうやら「X−MEN/アポカリプス」は、
あまり関係ないようだ。
映画のX−MENシリーズは、どうも並行宇宙的で
関連性をあまり追及しないほうがよいようだ。



LOGAN/ローガン [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-06-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by LOGAN/ローガン [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【劇場鑑賞】LOGAN/ローガン よもやま話〜ほとんど映画かも〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる