よもやま話〜ほとんど映画かも〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 【劇場鑑賞】ツイステッド

<<   作成日時 : 2018/05/07 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ツイステッド
 制作年  2004年
 監督   フィリップ・カウフマン
 出演   アシュレイ・ジャッド、サミュエル・L・ジャクソン、
      アンディ・ガルシア、デヴィッド・ストラザーン、
      ラッセル・ウォン、カムリン・マンハイムほか
 劇場公開 2004年10月
 録画日  DVD形式 2005年3月12日
      BD形式  2014年11月15日
 鑑賞年月 劇場鑑賞  2004年10月
      BD鑑賞  2017年2月


 2017年にBD形式で再鑑賞した。
劇場鑑賞から、おおよそ13年の月日が流れた。
再鑑賞で間の抜けた事実がいくつも浮かび上がった。
面白いというか、自嘲的に笑うしかないので、
その話を中心に記述してみる。

本作の概要は、次の通り。
「猟奇殺人事件の被害者が、自分と肉体関係を
持った男だったことから、犯人容疑をかけられ
追い詰められていく女性捜査官の戦いを描いた
犯罪サスペンス・ミステリー。」
録画したスターチャンネルの作品紹介記事を、
そのまま引用した。

鑑賞動機は、アシュレイ・ジャッドである。
共演のサミュエル・L・ジャクソン、アンディ・ガルシアは、
劇場鑑賞時には、まだ意識になかったと思う。
いや、作品は観て知ってはいる。
名前と顔を一致させる作業が未熟というか、
特に男優陣はその傾向が強かった、というほうが正しいか。

間の抜けた話 その1
 記憶が「ハイクライムズ(2002年)」と
ごっちゃごちゃに混ざりあっていた。
作品の内容と動機が「ハイ・クライムズ」だったという、
考えられないミスを犯している。

間の抜けた話 その2
 劇場鑑賞したのが、本作だったか「ハイクライムズ」だったか、
記憶があやふやだったこともショックだった。
再鑑賞で、いろいろ調べて間違いなく
MAP(Movie And Party)鑑賞作品であることも判明した。
他人には何を言っているのかわからない話、
どうでもいい話だろうが本陰的には納得の発見。
記憶とは時の流れの中で、かくも怪しげに不透明化する。

間の抜けた話 その3
 2014年11月15日にBD形式で録画している。
スターチャンネルで録画したのだが、まったく記憶がなかった。
実は2017年の再鑑賞は、シネフィルWOWOWで放映されたもの。、
途中何ヶ所か受信状態が悪かったので、
映像が乱れている部分があった。
「再放送するなら再々録画だな」などと思いながら、
再放送がなかった場合も考え、一応ハードディスク内に
データを残しておいた。

ところが再鑑賞メモを書くため、録画済みリストを確認すると
なんと2014「年に録画してあったのだ…
まぁ、よくあることでもあるので、この重複録画だけだったら
鑑賞メモには記録しないのだが、その1と合わせて
間抜けだなぁと心底思ってしまったので記録に残すことにする。
何とかならないものかなぁ、この記憶保持力。

アシュレイ・ジャッドは1968年生まれ。
本作制作時は36歳かぁ。
劇場鑑賞時は気にならなかったが、
さすがに笑顔に年齢を感じるかも…
これってセクハラ発言か?

さて、劇場鑑賞以来の再鑑賞となったわけだが、
アシュレイ・ジャッド演じる女性捜査官ジェシカの
トラウマ描写が少ないため、全体の物語も薄い印象に感じられた。

なぜ毎晩のように酒を呑むのか、なぜいつもイラついているのか、
なぜ男を漁るのか、そのあたりの心理的背景描写が濃くないと、
ラストのどんでん返しが活きてこない。
まぁ、その犯人の動機もいま一つなのだが…
真犯人がジェシカと関係を持った男を、
猟奇的に殺害する動機も薄いかなぁ。

アシュレイ・ジャッドは、よい。
ファンだから甘いかも。



ツイステッド DTSスペシャル・エディション [DVD]
アスミック・エース
2005-02-11

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ツイステッド DTSスペシャル・エディション [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【劇場鑑賞】ツイステッド よもやま話〜ほとんど映画かも〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる