よもやま話〜ほとんど映画かも〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 【VOD鑑賞】バーフバリ/伝説誕生

<<   作成日時 : 2018/05/09 08:28   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

バーフバリ/伝説誕生
 制作年  2015年
 監督   S・S・ラージャマウリ
 出演   プラバース、ラーナー・ダッグバーティ、
      タマンナー、アヌシュカ・シェッティ、
      ナーサル、サティヤラージほか
 劇場公開 2017年4月
 録画日  BD形式  2017年12月29日
 鑑賞年月 VOD鑑賞 2018年4月(VOD鑑賞)


 第一声は、「うぉぉ!ここで終わり!?続編、すぐ観よう!」
なんと勢いのある映画であることよ。
さすがインド産、恐れ入りました。

といって、それほど多くのインド映画を観ているわけではない。
コレクションは…
1)アシュラ(1994年)
  2006年6月 DVD録画
2)ムトゥ/踊るマハラジャ(1995年)
  2014年10月 BD録画 未鑑賞
3)恋する輪廻/オーム・シャンティ・オーム(2007年)
  2014年7月 BD録画 未鑑賞
4)ロボット(2010年)
  2013年12月 BD録画
5)ラ・ワン(2011年)
  2014年10月 BD録画
6)闇の帝王DON/ベルリン強奪作戦(2011年)
  2014年10月 BD録画
7)マッキー(2012年)
  2014年8月 BD録画
8)タイガー/伝説のスパイ(2012年)
  2014年7月 BD録画
9)マダム・イン・ニューヨーク(2012年)
  2015年7月 BD録画 未鑑賞
10)めぐり逢わせのお弁当(2013年)
  2015年3月 DVD録画 未鑑賞

これ以外にも、あるかもしれないが、
制作国でリストを創っていないので、とりあえず記憶だけ…
「めぐり逢わせのお弁当」はMMシアターMさんの
大絶賛映画である。
そうかぁ、録画してもう3年もたっていたのか…

 さて本作。
3月中旬に娘から「ちまたでバーフバリという
謎のインドアクション映画が凄く話題なので、
Amazonプライムでみることにする」と連絡があった。
上記のように、いくつか観ていたので「インド映画も
悪くないよ」と応えておいた。
なんとなく駅裏のミニシアターで上映されていたような…
まぁ、その程度の意識だった。

その後、「超面白れぇ。これは是非オススメしたい!!!」と。
まぁ、そんな流れで5月連休の帰省中に鑑賞することになった。
妻が「どんな映画?」と尋ねると、
「バーフバリ!それしか言いようがない」と。

インドのとある王国の親子3世代(登場するのは2世代か)に渡る、
愛と陰謀と裏切りが渦巻く架空の歴史物語である。
冒頭は、後に王となるマヘンドラ・バーフバリの
過酷な運命が描かれる。
裏切りにあった国母シヴァガミ、赤子のマヘンドラを
自らの命と引き換えにシヴァ神に運命を託す。
河に沈むシヴァガミ、片腕にマヘンドラ・バーフバリを抱き、
空に向かって突き出すシーンは印象的である。

その後、村人たちに救われ立派な青年に成長する。
シヴドゥと名付けられた彼は、誰も登ることができないとされる
滝の上の世界に興味を持ち、幾度も失敗を重ねるが、
ある日ついに滝の頂上に立つ。
妖精のような美女に導かれてというシーンが、
素直な恋心を表していて、とても印象的である。
彼はそこで美しき女戦士アヴァンティカと出会い恋に落ちる。
そして、その先の世界と冒険へと一歩を踏み出すことになる。

やがて彼は自らの血筋を知り、王国を専制的恐怖政治から
解放するために戦うことになるのだが…
という物語で、例によってきらびやかな色使いと、
踊り、音楽が混然一体となって怒涛の映像が展開する。

やはりインド映画のパワーは凄い。
1950年代の邦画も、粗削りではあるが製作のパワーを
感じるのだが、それ以上のものを感じる。
作りも比較にならないほど上手いし、なにより資金力が違う。
現在のインドは、当時の日本より経済的に豊かなのだろう。
その後、邦画は粗製乱造の弊害と映画界の斜陽化の中で
パワーを失ってゆくが、インド映画は元気モリモリである。

さて、栄華を極めた父アマレンドラ・バーフバリが、
なぜ殺されることになったのか、ラストにその裏切りが
先祖代々王に仕える忠臣カッタッパから告げられる。
そしてここで、突然第一幕が終わる。
ということで冒頭の叫びになるわけだ。

いやぁ、面白い。
それぞれのキャラクターが尖がっているので分かりやすい。
英雄伝説物語、欧米ではこれほど単純には作れない。
世情を反映して複雑な事情に配慮せざるを得ないから。
その点パワフルインド映画は、そんな事情もその力で
一刀両断、実に小気味いい。

興奮しながら続編を観たのだが、実は続編を観ると
この1作目の様々なエピソードに込められた意味が
腑に落ちる構成になっている。
この作りもお見事!
「1」→「2」と鑑賞して、もう一度「1」を観るのが
おススメである。
上映時間の長さなんて気にならない。

そして昨夜、BD形式で2017年12月末に
録画していたことに気がついた。
すっかり忘れていた…というか憶えていなかった。




バーフバリ 伝説誕生 [Blu-ray]
株式会社ツイン
2017-07-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バーフバリ 伝説誕生 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【VOD鑑賞】バーフバリ/伝説誕生 よもやま話〜ほとんど映画かも〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる