よもやま話〜ほとんど映画かも〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 【劇場鑑賞】ファンタスティック・フォー/超能力ユニット

<<   作成日時 : 2018/01/13 18:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ファンタスティック・フォー/超能力ユニット
 制作年  2005年
 監督   ティム・ストーリー
 出演   ヨアン・グリフィズ、ジェシカ・アルバ、
      マイケル・チクリス、クリス・エヴァンス、
      ジュリアン・マクマホンほか
 劇場公開 2005年9月
 録画日  DVD形式 2006年12月10日
      BD形式  2017年7月3日
 鑑賞年月 劇場鑑賞  2005年10月


 MAP(Movie And Party)の
次に結成したのがNMAP(NewMAP)。
NMAPの最初の鑑賞作品は、本作の続編である
「ファンタスティック・フォー/銀河の危機(2007年)」。
きっかけ繋がりで映画鑑賞会の話をする以上、
事前に本作についての記憶を語っておいた方がいいかなと。

アメコミヒーローの軽いタッチの作品ということで、
本作を鑑賞することにした。
鑑賞時点では、この四人のアメコミヒーローたちのことは、
まったく知らなかった。
調べてみると1961年のデビューのようだから、
案外新しいアメコミヒーロー達、ということになるのかも知れない。

どうやら時々メンバーも変わるらしく、
この四人に固定しているわけでもないらしい。
基本は、ミスター・ファンタスティックことゴム人間、
インヴィジブル・ウーマンのスー、
そして彼女の弟と岩石野郎の四人のようだ。

ゲスト扱いなのかどうか、原作を読んだことがないので
分からないが、スパイダーマン、デアデビル、ハルク、
果てはX‐MENまで臨時にメンバーになっているらしい。

どうも彼らは取得した超能力を使って敵と戦うチーム、
非営利団体NPOのような存在らしい。
その中心メンバーが先の四人ということなのだが、
著作権上問題ないからといって、
ここまで他のキャラクターを出すのは、
ちょっとご都合主義的な設定すぎないだろうか?

というようなことを本作を最初にメモした時は思っていた。
今考えるとアベンジャーズのことを言っているようだが、
メモを書いた2010年はアベンジャーズのことを、
まだ知らないのである。

ファンタスティック・フォーは、日本では1969年に
「宇宙忍者ゴームズ」というタイトルでテレビ放映されたようだが、
あいにくNET系(現テレビ朝日)だったせいで記憶にはまったくない。
その頃住んでいた町では、たぶん小樽市か室蘭市だが、
NET系の放送局はまだなかったような気がする。

「なんだかバブリーな設定だなというのが第一印象である。
ふと『Mr.インクレディブル(2004年)』の設定を思いだした。
本作のような設定が、スーパーヒーローたちの終焉を招いたのではないか?
バブリーなご都合主義敵設定は、いずれ破綻するということだ。
気をつけろ!仮面ライダー!」

2010年の感想メモだが、意味が分からないなぁ。
ヒーローがいっぱいいるのが気に入らないのなら、
「X−MEN(2000年)」は、うじゃうじゃしているけれど…
主人公が夫婦というのが気に入らないのかな…
だったら「バブリーな設定」が意味不明だし…
あぁ、違う世界観のヒーローたちをごちゃまぜにしているのが、
気に入らないのか…今は、アベンジャーズ大好きだけれどなぁ。


ところで白状すると、やっばり女優というのは鑑賞動機だ。
本作の予告編を見ていて、ジェシカ・アルバがお気に入りになった。
このあたりは、もうミーハーとしか言いようがない。
彼女のような瞳をつぶらな瞳というのだろう。
作品の中でも実に魅力的だった。

本作の次の劇場鑑賞は「シン・シティ(2005年)」である。
ブリタニー・マーフィとジェシカ・アルバ狙いの鑑賞だった。
ところがジェシカ・アルバ、案外熱烈な劇場追っかけ
女優さんにはならなかった。
その後も、いくつか作品は観ているがDVD鑑賞が多い。

それはともかく、軽いノリのSF作品として、
あまりいろいろな事を考えずに鑑賞できる
楽しい作品にはなっていると思う。

そう言えばリーダーのゴム人間、
このあと観た「102(2000年)」に出ていたなぁ。
もちろん、後で知った事だが。

ちょっと気になるのは、原作ではスーとゴム人間は夫婦で、
子どもが二人いるたしい。
やっぱりまるで、「Mr.インクレディブル」だ。
ゴムみたいに伸びるのは奥さんだったと思うが。
これって何か意味があるのだろうか?
つながりがあるのか、気になる所だ。

さらに、クリス・エヴァンス。
キャプテン・アメリカだと気がつくまで、
ずいぶん時間がかかったなぁ。
ということは、このキャストで
「アベンジャーズ」シリーズに登場することはないか。
まぁ、リブート作品もできちゃったしなぁ。




ファンタスティック・フォー[超能力ユニット] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2013-09-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ファンタスティック・フォー[超能力ユニット] [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【劇場鑑賞】ファンタスティック・フォー/超能力ユニット よもやま話〜ほとんど映画かも〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる